『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=183729)

EID=183729EID:183729, Map:[2008/英米言語研究II (その1)], LastModified:2009年1月26日(月) 16:57:07, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 英米言語研究II (その1) (読) えいべいげんごけんきゅう
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程] [継承]
2.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.元木 美男
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) イギリス史と関連させながら古期·中期英語を中心に現代までの英語の歴史を通観する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 英語史研究   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) ノルマン·コンケスト (読) のるまん こんけすと [継承]
2. (英) (日) ラテン語 (読) らてんご [継承]
3. (英) (日) 語源 (読) ごげん [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.英米言語研究I (その1) ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/英米言語研究I (その1)])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
2.英米言語研究I (その2) ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/英米言語研究I (その2)])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 英語は古いところでは現代のドイツ語と同じような語尾変化をし,時代が下ると共に次第に語尾が消失し,今日のような語順を大切にする言語となった.また語彙においては,全体として,比較的純粋なゲルマン語彙から,ノルマン·コンケストを契機にロマンス語彙を増大してゆき,今日に見るような語彙の豊富さを獲得していった.  
[継承]
2.(英)   (日) 以上のような英語の歴史について理解を深める.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 前期は専ら英語史の概説に重点を置き,後期は具体的にラテン語,古期·中期英語の文法を教科書を使用しながら詳述する.  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) レポート及び期末試験.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 行なう.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書:Sweet's Anglo-Saxon Primer 千城   [継承]
2.(英)   (日) 松平千秋·国原吉之助共著 新ラテン文法 東洋出版   [継承]
3.(英)   (日) 参考書:Albert C.Baugh:A History of the English Language   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.元木 美男
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 金曜日 14:30∼15:30   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/英米言語研究II (その1))
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/英米言語研究II (その1)) 閲覧 【授業概要】(2009/英米言語研究II (その1)) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 英米言語研究II (その1) / 英米言語研究II (その1)
欧文冊子 ● 英米言語研究II (その1) / 英米言語研究II (その1)

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(4)
Number of session users = 0, LA = 1.01, Max(EID) = 382120, Max(EOID) = 1020752.