『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=183590)

EID=183590EID:183590, Map:[2008/薬物治療学4], LastModified:2011年4月6日(水) 21:40:06, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 薬学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Pharmacotherapy 4 (日) 薬物治療学4 (読) やくぶつちりょうがく
[継承]
形態 (必須): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程] [継承]
2.2009/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.新垣 尚捷
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 生体内で異常に増殖あるいは複製することにより人体に疾患を生じる細菌,ウイルスなど,および悪性新生物に対する薬物の作用機序を理解し,薬物治療へ応用できるようになるために,抗菌薬,抗悪性腫瘍薬などに関する基本的知識を修得する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 細菌,ウイルス,および悪性新生物に対する薬物の作用機序,抗菌薬,抗悪性腫瘍薬などに関する基本的知識   [継承]
カリキュラム関連 (必須): (英)   (日) 薬学モデル・コアカリキュラムC14(5) に相当   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) 薬の専門家として身につけるべき基本的知識を統合的に学ぶ講義であるため,本講義内容を十分に理解して,臨床薬剤師,そして創薬研究者として21世紀をリードして頂きたい.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 代表的な抗菌薬を列挙し,作用機序および臨床応用を説明できる  
小目標 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 代表的な抗真菌および抗原虫薬を列挙し,作用機序および臨床応用を説明できる  
小目標 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) 代表的な抗ウイルス薬を列挙し,作用機序および臨床応用を説明できる  
小目標 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) 抗菌薬の耐性と副作用について説明できる  
小目標 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) 悪性腫瘍の病態と治療について概説できる  
小目標 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) 代表的な抗悪性腫瘍薬を列挙し,作用機序を説明できる  
小目標 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) 抗悪性腫瘍薬の耐性獲得機構と副作用を説明できる  
小目標 (任意):
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 細菌性疾患と治療薬—グラム陽性,陰性球菌による感染症  
内容 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 細菌性疾患と治療薬—肺炎球菌,レンサ球菌感染症による感染症  
内容 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) 細菌感染症と治療薬—グラム陰性,好気性桿菌による感染症  
内容 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) ウイルス性疾患と治療薬—呼吸器ウイルス感染症,ノロウイルス感染症  
内容 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) ウイルス性疾患と治療薬—ヘルペスウイルス感染症,アデノウイルス感染症  
内容 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) 抗原虫薬・寄生虫薬・抗真菌薬  
内容 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) 抗菌薬の耐性と副作用  
内容 (任意):
[継承]
8.(英)   (日) 悪性腫瘍の病態と治療  
内容 (任意):
[継承]
9.(英)   (日) 抗悪性腫瘍薬—代表的な抗悪性腫瘍薬  
内容 (任意):
[継承]
10.(英)   (日) 抗悪性腫瘍薬—アルキル化薬と作用機序  
内容 (任意):
[継承]
11.(英)   (日) 抗悪性腫瘍薬—代謝拮抗薬と作用機序  
内容 (任意):
[継承]
12.(英)   (日) 抗悪性腫瘍薬—白金錯体と作用機序  
内容 (任意):
[継承]
13.(英)   (日) 抗悪性腫瘍薬の耐性と副作用  
内容 (任意):
[継承]
14.(英)   (日) 感染症の予防  
内容 (任意):
[継承]
15.(英)   (日) 総復習  
内容 (任意):
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
内容 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 試験で評価する   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 実施する.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 指定しないが,ラック微生物学 林 英生ら監訳 丸善株式会社を参考にする.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.新垣 尚捷
オフィスアワー (推奨):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 平成21年度以降開講予定   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/薬物治療学4)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/薬物治療学4) 閲覧 【授業概要】(2009/薬物治療学4) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 薬物治療学4 / Pharmacotherapy 4
欧文冊子 ● Pharmacotherapy 4 / 薬物治療学4

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)
Number of session users = 1, LA = 0.47, Max(EID) = 366694, Max(EOID) = 982268.