『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=183395)

EID=183395EID:183395, Map:[2008/構造生物学], LastModified:2011年4月7日(木) 20:05:23, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 薬学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Structural Biology (日) 構造生物学 (読) こうぞうせいぶつがく
[継承]
形態 (必須): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程] [継承]
2.2009/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.篠原 康雄 ([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 生体の構造と機能を分子レベルで理解することによって,薬物作用の基本を理解することを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 生体の機能は基本的にタンパク質の機能によって支えられている.構造生物学ではタンパク質を中心とした生体高分子の構造と機能を理解することを目的とした講義を行う.また細胞やオルガネラを区画する生体膜も,物質の輸送やシグナル伝達など生体の機能発現に際して重要な役割を担っているので,生体膜の構造と機能についても理解を深める.   [継承]
カリキュラム関連 (必須): (英)   (日) 薬学モデル・コアカリキュラムC3(2) に相当   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) 講義に対して受動的に取り組むのでなく,積極的,能動的に臨んで欲しい.   [継承]
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 生体分子(タンパク質,核酸,脂質など)の立体構造について  
内容 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) タンパク質の立体構造の自由度について  
内容 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) タンパク質の立体構造を規定する因子について  
内容 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) タンパク質の折りたたみ過程について  
内容 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) 鍵と鍵穴モデルおよび誘導適合モデルについて  
内容 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) 核酸の立体構造を規定する相互作用について  
内容 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) 転写・翻訳,シグナル伝達における代表的な生体分子間相互作用について  
内容 (任意):
[継承]
8.(英)   (日) 脂質の水中における分子集合構造について  
内容 (任意):
[継承]
9.(英)   (日) 生体膜の立体構造を規定する相互作用について  
内容 (任意):
[継承]
10.(英)   (日) 生体膜におけるリン脂質の運動性について  
内容 (任意):
[継承]
11.(英)   (日) 生体膜におけるタンパク質の存在様式  
内容 (任意):
[継承]
12.(英)   (日) 脂質分子とタンパク質の相互作用  
内容 (任意):
[継承]
13.(英)   (日) 膜を介した物質輸送の基礎  
内容 (任意):
[継承]
14.(英)   (日) 生体高分子と医薬品の相互作用の評価について  
内容 (任意):
[継承]
15.(英)   (日) 生体高分子と医薬品の相互作用における立体構造的要因の重要性について  
内容 (任意):
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
内容 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 学期末の試験および講義ごとに行う小テストにより評価する予定   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 実施する予定   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 未定   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) 疾患ゲノム研究センター215号室,yshinoha@genome.tokushima-u.ac.jp (読)
オフィスアワー (推奨):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/構造生物学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/構造生物学) 閲覧 【授業概要】(2009/構造生物学) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 構造生物学 / Structural Biology
欧文冊子 ● Structural Biology / 構造生物学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.92, Max(EID) = 377115, Max(EOID) = 1009917.