『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=183352)

EID=183352EID:183352, Map:[2008/情報薬科学(創薬理論化学)], LastModified:2011年4月10日(日) 02:49:18, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 薬学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Pharmacoinformatics (日) 情報薬科学(創薬理論化学) (読) じょうほうやくかがく そうやくりろんかがく
[継承]
形態 (必須): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程] [継承]
2.2009/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.中馬 寛
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 理論計算化学及びケモ・バイオインフォマティクス等の情報化学は今日,研究室や実験室のレベルを超えて,製薬関連企業等においても需要が大きい基盤技術となっている.本講義では原子・電子レベルからの生体分子の活性・機能発現メカニズム及び以上に基づく論理的創薬の基礎を習得する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 本講義では薬物-受容体相互作用に主眼をおいて計算化学,情報化学等についての基礎的方法を概説する.さらに以上の論理的解析法を用いた生体分子の機能・活性の定量的予測(定量的構造活性相関解析)について創薬の実例をまじえて説明する.   [継承]
カリキュラム関連 (必須): (英)   (日) 薬学モデル・コアカリキュラムC1(1)・(2)・(4),C3(2),C4(1)・(2),C6(1)・(2) に相当   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) の講義は分析化学2,基礎有機化学1∼3および構造生物学で学習したことを前提に行うので,これらの講義の要点を復習しておいてください.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 薬物分子間相互作用  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) 薬物分子や受容体の立体構造およびその動的挙動について説明できる   [継承]
2.(英)   (日) 薬物分子と受容体の構造相補性について分子間相互作用の観点から説明できる.   [継承]
3.(英)   (日) 薬物分子間の構造類似性について分子間相互作用の観点から説明できる.   [継承]
4.(英)   (日) 静電相互作用,立体相互作用,疎水相互作用,水素結合について説明できる.   [継承]
[継承]
2.(英)   (日) 理論計算化学・情報化学の基礎的方法  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) 立体構造等の理論的予測方法(分子力場法・分子動力学法・分子軌道法等)の概略について説明できる.   [継承]
2.(英)   (日) 薬物分子間相互作用エネルギーの理論的予測方法の概略について説明できる.   [継承]
[継承]
3.(英)   (日) 定量的構造活性相関解析とケモインフォマティクス  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) Hammett 則等の定量的構造活性相関解析法の基礎と方法を説明できる.   [継承]
2.(英)   (日) 定量的構造活性相関解析結果を物理化学的観点から解釈できる.   [継承]
3.(英)   (日) ニューラルネットワークなどの相関解析法の概略を説明できる.   [継承]
[継承]
4.(英)   (日) 論理的創薬の実例  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) 幾つかの薬物分子の活性と構造を見たとき,論理的に予想される活性発現に影響を及ぼす物理化学的因子を説明できる.   [継承]
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) オリエンテーション  
内容 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 薬物分子-受容体相互作用 (1)  
内容 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) 薬物分子-受容体相互作用 (2)  
内容 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) 薬物分子や受容体の立体構造とその動的挙動  
内容 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) 分子間相互作用 (1)  
内容 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) 分子間相互作用 (2)  
内容 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) 分子間相互作用 (3)  
内容 (任意):
[継承]
8.(英)   (日) 理論計算化学・情報化学の基礎的方法 (1)  
内容 (任意):
[継承]
9.(英)   (日) 理論計算化学・情報化学の基礎的方法 (2) (レポート)  
内容 (任意):
[継承]
10.(英)   (日) 論理的創薬の実例 (1)  
内容 (任意):
[継承]
11.(英)   (日) 論理的創薬の実例 (2)  
内容 (任意):
[継承]
12.(英)   (日) 論理的創薬の実例 (3)  
内容 (任意):
[継承]
13.(英)   (日) 論理的創薬の実例 (4) (レポート)  
内容 (任意):
[継承]
14.(英)   (日) 論理的創薬の実例 (5)  
内容 (任意):
[継承]
15.(英)   (日) 講義のまとめ  
内容 (任意):
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
内容 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 定期試験とレポートおよび出席状況をもとに評価する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 実施する.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 特に指定しないが,随時参考文献を紹介,また随時プリントを配布予定である.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) (e-mail により時間調節を適宜行う場合もあります)(研究室)薬学部・創薬理論化学研究室(本館4階西)
(Eメールアドレス)hchuman@ph.tokushima-u.ac.jp(心当たりのないメールは読まずに削除することがありますので,用件に必ず学年と名前を記入して下さい) (読)
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 月∼金の9:00∼12:00,13:00∼17:30   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/情報薬科学(創薬理論化学))
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/情報薬科学(創薬理論化学)) 閲覧 【授業概要】(2009/情報薬科学(創薬理論化学)) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 情報薬科学(創薬理論化学) / Pharmacoinformatics
欧文冊子 ● Pharmacoinformatics / 情報薬科学(創薬理論化学)

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【担当授業】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.83, Max(EID) = 377115, Max(EOID) = 1009916.