『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=183255)

EID=183255EID:183255, Map:[2008/医薬品情報学1], LastModified:2011年4月7日(木) 19:39:57, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 薬学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Drug Informatics 1 (日) 医薬品情報学1 (読) いやくひんじょうほうがく
[継承]
形態 (必須): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程] [継承]
2.2009/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.山内 あい子
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 医薬品の適正使用に必要な医薬品情報を理解し,正しく取り扱うことができるようになるために,医薬品情報の収集,評価,加工,提供,管理に関する基本的知識を修得する.また,個々の患者への適正な薬物治療に貢献できるようになるために,患者からの情報の収集,評価に必要な基本的知識を修得する.本授業に関連する基本的技能・態度は実務実習事前学習および病院・薬局実務実習で修得する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 医薬品情報の基本的事項について学び,ついでそのデータベースを含む情報源と情報収集・提供などについて学ぶ.また,患者からの情報収集・評価について学ぶ.   [継承]
カリキュラム関連 (必須): (英)   (日) 薬学モデル・コアカリキュラムC-15-(1),(2) に相当   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) 薬物(ハード)に情報(ソフト)が付加されて初めて「くすり」となります.医薬品情報のスペシャリストである薬剤師や医薬情報担当者が扱う,くすりを創る・使う・育てるための基本的な情報について考えましょう.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 情報  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) 医薬品の必須情報を列挙でき,医薬品情報に関わる職種を列挙し,その役割を説明できる.   [継承]
2.(英)   (日) 医薬品の開発過程で得られる情報および市販後に得られる情報の種類を列挙できる.   [継承]
3.(英)   (日) 医薬品情報に関係する代表的な法律と制度について概説できる.   [継承]
[継承]
2.(英)   (日) 情報源  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) 医薬品情報源の一次∼三次資料について説明でき,代表的な二次資料,三次資料を列挙し,それらの特徴を説明できる.   [継承]
2.(英)   (日) 国および製薬企業が発行する資料を列挙し,その特徴を説明でき,医薬品添付文書の法的位置づけと用途および必要性,記載される項目を列挙し,その必要性を説明できる.   [継承]
3.(英)   (日) 医薬品インタビューフォームの位置づけと用途を説明できる.   [継承]
4.(英)   (日) 代表的な医薬品情報データベースを列挙し,それらの特徴を説明できる.   [継承]
[継承]
3.(英)   (日) 収集・評価・加工・提供・管理  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) 医薬品情報を質的に評価する際に必要な基本的項目を列挙できる.   [継承]
[継承]
4.(英)   (日) EBM(Evidence-Based Medicine)  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) EBM の基本概念と有用性について説明でき,EBM 実践のプロセスを概説できる.   [継承]
[継承]
5.(英)   (日) 患者情報  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) 薬物治療に必要な患者基本情報とその情報源の種類をあげ,それぞれの違いを説明できる.
患者情報の収集・評価・管理に有用な問題志向型システム(POS)を説明できる.  
[継承]
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) くすりと情報  
内容 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 医薬品情報源  
内容 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) 医薬品開発と医薬品情報  
内容 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) 医薬品の適正使用と医薬品情報  
内容 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) 医薬品添付文書  
内容 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) 医薬品インタビューフォーム  
内容 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) 医薬品の安全性情報  
内容 (任意):
[継承]
8.(英)   (日) 医薬品情報の検索と収集  
内容 (任意):
[継承]
9.(英)   (日) EBMと医薬品情報の評価  
内容 (任意):
[継承]
10.(英)   (日) 医薬品情報の加工と提供  
内容 (任意):
[継承]
11.(英)   (日) 医薬品情報の管理と活用  
内容 (任意):
[継承]
12.(英)   (日) ICTと医薬品情報  
内容 (任意):
[継承]
13.(英)   (日) 医薬品情報に関係する代表的な法律と制度  
内容 (任意):
[継承]
14.(英)   (日) 総合演習1  
内容 (任意):
[継承]
15.(英)   (日) 総合演習2  
内容 (任意):
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
内容 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 試験およびレポートで評価する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 実施する.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 医薬品情報学第3版:東京大学出版会」を使用予定   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.山内 あい子
オフィスアワー (推奨):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/医薬品情報学1)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/医薬品情報学1) 閲覧 【授業概要】(2009/医薬品情報学1) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 医薬品情報学1 / Drug Informatics 1
欧文冊子 ● Drug Informatics 1 / 医薬品情報学1

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)
Number of session users = 1, LA = 1.67, Max(EID) = 366601, Max(EOID) = 981969.