『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=183253)

EID=183253EID:183253, Map:[2008/医薬品化学2], LastModified:2011年4月7日(木) 19:36:22, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 薬学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Medicinal Chemistry 2 (日) 医薬品化学2 (読) いやくひんかがく
[継承]
形態 (必須): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.宍戸 宏造
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 医薬品開発における各学問分野の重要性を理解させるとともに,医薬品開発に参画できる素養の修得を目指す.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 実際に上梓されている医薬品を例に,その開発に至る経緯を有機合成化学的側面から概説する.   [継承]
カリキュラム関連 (必須): (英)   (日) 薬学モデル・コアカリキュラムC-17-(2) を参考に有機化学的観点から医薬品化学について概説   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) 合成医薬品開発の背景と合成法について概説する.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 天然由来医薬品の開発と合成法  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) 免疫抑制剤タクロリムスの合成について概説できる.   [継承]
[継承]
2.(英)   (日) 市販医薬品の合成法  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) 市販医薬品の合成法について概説できる   [継承]
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) イントロダクション  
内容 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 天然由来医薬品について  
内容 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) タクロリムスについて-1(発見,活性,ケミカルバイオロジー)  
内容 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) タクロリムスについて-2(発見,活性,ケミカルバイオロジー)  
内容 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) 全合成-1(計画と戦略)  
内容 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) 全合成-2(セグメントの合成)  
内容 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) 全合成-3(セグメントの合成)  
内容 (任意):
[継承]
8.(英)   (日) 全合成-4(セグメントの合成)  
内容 (任意):
[継承]
9.(英)   (日) 中間テスト  
内容 (任意):
[継承]
10.(英)   (日) 有機合成の概念(外部講師)  
内容 (任意):
[継承]
11.(英)   (日) 全合成-5(セグメントの合成)  
内容 (任意):
[継承]
12.(英)   (日) 全合成-6(セグメントの合成)  
内容 (任意):
[継承]
13.(英)   (日) 全合成-7(セグメントの連結)  
内容 (任意):
[継承]
14.(英)   (日) 全合成-8(セグメントの連結)  
内容 (任意):
[継承]
15.(英)   (日) 全合成-9(全合成の完結とまとめ)  
内容 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 試験で評価する   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 実施する   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 「創薬化学」東京化学同人
参考書:「トップドラッグ」化学同人  
[継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) (研究室)医薬創製センター4階,天然分子構築薬学(宍戸)
(Eメールアドレス)shishido@ph.tokushima-u.ac.jp(宍戸) (読)
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) いつでも結構です.   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/医薬品化学2)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/医薬品化学2) 閲覧 【授業概要】(2009/医薬品化学2) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 医薬品化学2 / Medicinal Chemistry 2
欧文冊子 ● Medicinal Chemistry 2 / 医薬品化学2

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(2) 閲覧【担当授業】…(1)
Number of session users = 4, LA = 1.70, Max(EID) = 375078, Max(EOID) = 1005079.