『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=183252)

EID=183252EID:183252, Map:[2008/医薬品化学1], LastModified:2011年4月7日(木) 19:36:17, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 薬学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Medicinal Chemistry 1 (日) 医薬品化学1 (読) いやくひんかがく
[継承]
形態 (必須): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程] [継承]
2.2009/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.落合 正仁
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 有機合成化学を基盤として,病気を治療し,予防する医薬品を開発(創製)するのが医薬品化学(創薬化学)です.創薬研究では有機化合物を効率良く合成する能力やほしいものだけを高選択的に合成する能力が要求されます.将来創薬化学の分野で大いに活躍し,医薬品の開発研究に貢献してもらうための基礎を身につけます.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) ``創薬化学は前人未踏の高峰を征服する登山に似たところがある.どのようなルートをとれば頂上を征服できるのか,確約されているわけではない.(創薬化学,長野哲雄他編,東京化学同人)''創薬化学においては,たどり着いた地点が頂上ではない可能性もあります.この授業では主要医薬品特に我が国で開発された医薬品を中心に取り上げ,それらの医薬品を創るためには有機合成化学(精密薬品製造学)を理解することが極めて重要であることを学びます.   [継承]
カリキュラム関連 (必須): (英)   (日) 薬学モデル・コアカリキュラムC-6-(2) に関連   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 医薬品の合成 (読) [継承]
2. (英) (日) 有機合成反応 (読) [継承]
3. (英) (日) 反応機構 (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.基礎有機化学1 ([2009/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程]]/->授業概要[2008/基礎有機化学1])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.基礎有機化学2 ([2009/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程]]/->授業概要[2008/基礎有機化学2])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
3.基礎有機化学3 ([2009/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程]]/->授業概要[2008/基礎有機化学3])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.医薬品化学2 ([2009/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程]]/->授業概要[2008/医薬品化学2])
関連度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.医薬品の有機化学 ([2009/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程]]/->授業概要[2008/医薬品の有機化学])
関連度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
3.医薬品開発論1 ([2009/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程]]/->授業概要[2008/医薬品開発論1])
関連度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
注意 (推奨): (英)   (日) 将来は最前線で活躍する創薬研究者となり,有機合成反応を自由自在に操り,画期的新薬を開発して下さい.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 代表的医薬品を列挙し,説明できる.  
小目標 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 代表的医薬品合成反応の反応機構を理解し,説明できる.  
小目標 (任意):
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 授業ガイダンス及びアドレナリン作動薬(交感神経興奮薬):エフェドリン  
内容 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) オータコイド:プロスタグランジン 1  
内容 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) オータコイド:プロスタグランジン 2  
内容 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) オータコイド:プロスタグランジン 3  
内容 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) カルシウム拮抗薬:塩酸ジルチアゼム  
内容 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) HMG-CoA還元酵素阻害薬:プラバスタチン,コンパクチン 1  
内容 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) HMG-CoA還元酵素阻害薬:プラバスタチン,コンパクチン 2  
内容 (任意):
[継承]
8.(英)   (日) ヒスタミンH2受容体拮抗薬:シメチジン,ファモチジン 1  
内容 (任意):
[継承]
9.(英)   (日) ヒスタミンH2受容体拮抗薬:シメチジン,ファモチジン 1  
内容 (任意):
[継承]
10.(英)   (日) 消化性潰瘍治療薬(プロトンポンプ阻害薬):オメプラゾール 1  
内容 (任意):
[継承]
11.(英)   (日) 消化性潰瘍治療薬(プロトンポンプ阻害薬):オメプラゾール 2  
内容 (任意):
[継承]
12.(英)   (日) アルツハイマー病治療薬:塩酸ドネペジル  
内容 (任意):
[継承]
13.(英)   (日) キノロン系抗菌薬:エノキサシン  
内容 (任意):
[継承]
14.(英)   (日) タキサン系抗がん剤:タキソール 1  
内容 (任意):
[継承]
15.(英)   (日) タキサン系抗がん剤:タキソール 2  
内容 (任意):
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
内容 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 学期末試験,日頃の学習の到達度,レポートなどにより判断します.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 実施します.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 「創薬化学:有機合成からのアプローチ」北泰行・平岡哲夫編,東京化学同人 参考書:「有機医薬品化学」谷田博他,化学同人;「ボルハルト・ショアー現代有機化学」化学同人   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.落合 正仁
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) いつでも結構です.   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) .   [継承]
2.(英)   (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/医薬品化学1)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/医薬品化学1) 閲覧 【授業概要】(2009/医薬品化学1) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 医薬品化学1 / Medicinal Chemistry 1
欧文冊子 ● Medicinal Chemistry 1 / 医薬品化学1

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 2, LA = 1.24, Max(EID) = 366599, Max(EOID) = 981963.