『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=183199)

EID=183199EID:183199, Map:[2008/先端医療薬学1], LastModified:2011年4月7日(木) 02:05:46, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 薬学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Clinical Pharmacy 1 (日) 先端医療薬学1 (読) せんたんいりょうやくがく
[継承]
形態 (必須): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.荒木 勉
肩書 (任意):
[継承]
2.際田 弘志
肩書 (任意):
[継承]
3.滝口 祥令 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.薬物治療学])
肩書 (任意):
[継承]
4.徳島大学.薬学部.薬学科.臨床薬学講座.医薬品情報学 (2006年4月1日〜)
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 適正な薬物治療に参画できるようになるために,医療現場で役立つよりアドバンスな知識と技能を修得する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 直接測定不可能な作用部位,代謝部位などにおける薬物濃度を推定し,薬効を予測する方法論と,病因および医薬品安全対策に関する知識を学ぶ.   [継承]
カリキュラム関連 (必須): (英)   (日) 薬学モデル・コアカリキュラム範囲外   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) 受講に際しては,これまでに学んだ関連する基礎知識を事前にしっかり復習しておくと,講義内容が良く理解できます.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 生理学的薬物速度論  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) 生理学的薬物速度論の意義を説明できる.   [継承]
2.(英)   (日) 臓器クリアランスと固有クリアランスを説明できる.   [継承]
3.(英)   (日) アベイラビリティーを計算できる.   [継承]
4.(英)   (日) 生理学的薬物速度論に基づくモデルを構築できる.   [継承]
[継承]
2.(英)   (日) 薬の効果・副作用予測  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) PK/PDモデル理論を説明できる.   [継承]
2.(英)   (日) 受容体作用薬の作用を予測できる.   [継承]
3.(英)   (日) 酵素阻害薬の作用を予測できる.   [継承]
[継承]
3.(英)   (日) 病気の原因と発症機序  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) 老化,栄養障害,ビタミン欠乏,環境因子などによる病気の原因について説明できる.   [継承]
2.(英)   (日) 病気を引き起こす遺伝子異常や遺伝病について説明できる.   [継承]
3.(英)   (日) 脳血管障害の原因,後遺症について説明できる.   [継承]
4.(英)   (日) 先天的,後天的免疫不全について説明できる.   [継承]
5.(英)   (日) 拒絶反応について説明できる.   [継承]
[継承]
4.(英)   (日) 医薬品情報管理と医薬品安全対策  
小目標 (任意): 1.(英)   (日) 医薬品情報のIT化とセキュリティ管理について説明できる.   [継承]
2.(英)   (日) 医療および医薬品情報公開の意義と重要性について説明できる.   [継承]
3.(英)   (日) 医薬品安全対策の概要を説明できる.   [継承]
4.(英)   (日) 医療および調剤過誤防止の実際について説明できる.   [継承]
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 生理学的薬物速度論とは  
内容 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) クリアランスの概念  
内容 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) バイオアベイラビリティー  
内容 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) 生理学的モデルの構築  
内容 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) PK/PDモデル理論の概念  
内容 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) PK/PDモデルによる受容体作用薬の効果・副作用予測  
内容 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) PK/PDモデルによる酵素作用薬の効果・副作用予測  
内容 (任意):
[継承]
8.(英)   (日) PKパラメーターの活用  
内容 (任意):
[継承]
9.(英)   (日) 病気の原因と発症機序  
内容 (任意):
[継承]
10.(英)   (日) 遺伝子異常と遺伝病  
内容 (任意):
[継承]
11.(英)   (日) 脳血管障害の原因と後遺症  
内容 (任意):
[継承]
12.(英)   (日) 先天的,後天的免疫不全  
内容 (任意):
[継承]
13.(英)   (日) 医薬品情報管理と情報公開  
内容 (任意):
[継承]
14.(英)   (日) 医薬品の安全対策  
内容 (任意):
[継承]
15.(英)   (日) 医療および調剤過誤防止  
内容 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 試験,レポートで評価する.なお,出席状況も加味する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 実施する   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書は検討中.使用しない場合は資料を配布します.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.荒木 勉
オフィスアワー (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 医薬品情報学教授 (読)
オフィスアワー (推奨):
[継承]
3.際田 弘志
オフィスアワー (推奨):
[継承]
4.滝口 祥令 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.薬物治療学])
オフィスアワー (推奨):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 平成21年度開講予定   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/先端医療薬学1)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/先端医療薬学1) 閲覧 【授業概要】(2009/先端医療薬学1) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 先端医療薬学1 / Advanced Clinical Pharmacy 1
欧文冊子 ● Advanced Clinical Pharmacy 1 / 先端医療薬学1

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.93, Max(EID) = 371875, Max(EOID) = 994180.