『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=183042)

EID=183042EID:183042, Map:[2008/高齢者歯科学実験実習], LastModified:2011年4月7日(木) 20:34:30, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.口腔科学教育部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 口腔科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 高齢者歯科学実験実習 (読) こうれいしゃしかがくじっけんじっしゅう
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻]/[博士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.細井 和雄
肩書 (任意):
役割 (任意): 授業責任者 [継承]
[継承]
2.赤松 徹也 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
3.姚 陳娟 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子生理学])
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
4.長谷川 敬展 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子生理学])
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
単位 (必須): 4 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 生化学,免疫学,薬理学,分子生物学,細胞生物学などの知識と実験手技を習得しこれを駆使できるようになる.1.外分泌腺における水チャネル,アクアポリンの発現と機能調節の分子機作,2. 唾液腺における炎症性サイトカインの誘導と口腔の防御システム,3. 唾液腺の発生・分化とその制御の分子機構のいずれかの領域で最もホットなトピックスを研究する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 未曾有の高齢化社会の進行に伴って高齢者の健康確保とQuality of Life(QOL)の向上が緊急の課題となっていることから,歯周病,歯の喪失に伴う咀嚼・発音・審美障害,摂食・嚥下障害,唾液分泌不全,誤嚥性肺炎などの高齢者特有の疾患や障害の制圧に向け実験実習を行い,その成果を学術論文にまとめる方法を指導する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.アクアポリン (aquaporin) [継承]
2.炎症性サイトカイン (inflammatory cytokine) [継承]
3.唾液腺 (salivary gland) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) 実験実習中の事故等を未然に防ぐため,常に最良の健康状態を維持するよう努める.確信の持てない実験は実施前に指導者と相談し,安全で無駄のない実験を行う.   [継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 高齢者と口腔乾燥症, シェーグレン症候群,内毒素によるAQP発現の制御,等の研究遂行のため必要な実験手技を教授し指導する.特にAQP5の発現・局在異常との関連性から各種AQPの検出,発現制御,トラフィッキング解析法,AQP水輸送活性解析法等を教授・指導する.大学院生が取り組む研究課題によって以下の実験技術のいずれかを習得し自らの研究に応用する.  
内容 (任意):
担当者 (必須):
授業回数 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) AQP5 mRNAの検出  
内容 (任意): 1.(英)   (日) total RNAの調整, RT-PCR, Northern blotting, real time-PCR   [継承]
担当者 (必須):
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
3.(英)   (日) AQP5蛋白質の検出  
内容 (任意): 1.(英)   (日) サンプル調製, タンパク定量, Western blotting   [継承]
担当者 (必須):
授業回数 (任意): 3 [継承]
[継承]
4.(英)   (日) AQP5局在の解析  
内容 (任意): 1.(英)   (日) in situ hybridization, 免疫組織化学 (DAB/FITC)   [継承]
担当者 (必須):
授業回数 (任意): 3 [継承]
[継承]
5.(英)   (日) 培養細胞へのAQP5遺伝子導入  
内容 (任意): 1.(英)   (日) 発現ベクターおよびGFP-AQPキメラの構築,トランスフェクション,トラフィッキングアッセイ   [継承]
担当者 (必須):
授業回数 (任意): 3 [継承]
[継承]
6.(英)   (日) AQP水輸送活性の測定  
内容 (任意): 1.(英)   (日) Xenopus oocytes 発現系によるAQP水輸送活性の測定技術   [継承]
担当者 (必須):
授業回数 (任意): 3 [継承]
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 上記の実験技術のいずれかを習得し,自らの研究に応用することができたかどうかによって評価する.   [継承]
再評価 (推奨): (英)   (日) 行わない.   [継承]
教科書 (推奨): 1.(英)   (日) "Laboratory technique"(当研究室作成)   [継承]
参考資料 (任意):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.細井 和雄
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 木曜日の17:00∼18:00(いずれもe-mail によりアポイントをとって下さい.必要に応じて時間調節を行います).   [継承]
[継承]
2.赤松 徹也 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 月曜日の17:00∼18:00   [継承]
[継承]
3.姚 陳娟 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子生理学])
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 木曜日の16:00∼17:00   [継承]
[継承]
4.長谷川 敬展 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子生理学])
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 水曜日の16:40∼17:40   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 特記事項なし   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/高齢者歯科学実験実習)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/高齢者歯科学実験実習) 閲覧 【授業概要】(2009/高齢者歯科学実験実習) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 高齢者歯科学実験実習 / 高齢者歯科学実験実習
欧文冊子 ● 高齢者歯科学実験実習 / 高齢者歯科学実験実習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.79, Max(EID) = 364607, Max(EOID) = 976495.