『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=183024)

EID=183024EID:183024, Map:[2008/臨床心理学], LastModified:2011年4月6日(水) 21:23:13, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[吉永 哲哉], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 全専攻系共通カリキュラム科目 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Clinical Psychology (日) 臨床心理学 (読) りんしょうしんりがく
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.医科学教育部.医科学専攻]/[修士課程] [継承]
2.2009/[徳島大学.医科学教育部.医学専攻]/[博士課程] [継承]
3.2009/[プロテオミクス医科学専攻]/[博士課程] [継承]
4.2009/[徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻]/[博士課程] [継承]
5.2009/[徳島大学.薬科学教育部]/[博士前期課程] [継承]
6.2009/[徳島大学.薬科学教育部]/[博士後期課程] [継承]
7.2009/[徳島大学.栄養生命科学教育部.人間栄養科学専攻]/[博士前期課程] [継承]
8.2009/[徳島大学.栄養生命科学教育部.人間栄養科学専攻]/[博士後期課程] [継承]
9.2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/[博士前期課程] [継承]
10.2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用情報科学領域]/[博士前期課程] [継承]
11.2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用検査学領域]/[博士前期課程] [継承]
12.2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/生涯健康支援学領域/[博士後期課程] [継承]
13.2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用情報科学領域]/[博士後期課程] [継承]
14.2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用検査学領域]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.佐藤 健二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.心理学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
肩書 (任意):
[継承]
2.山本 真由美 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.心理学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
肩書 (任意):
[継承]
3.境 泉洋
肩書 (任意):
[継承]
4.三留 雅人
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 臨床心理学の基礎的理論・技法および今日的課題の概説   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 心と身体は密接につながっている.したがって「心の問題」の理解と制御を扱う臨床心理学の基礎の習得は,精神医学・心身医学のみならず,ヘルスバイオサイエンスを基盤とする医学,歯学,薬学,栄養学,保健学領域において重要である.そこで,本講義では,臨床心理学の定義,対象,方法(代表的な心理検査,心理療法)について,初学者を考慮して,その基礎と今日的課題を概説する.心理療法に関しては,医学領域などでエビデンスを示す認知行動療法について詳述する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) e-learning対応.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 臨床心理学の基礎的理論・技法および今日的課題を説明できる  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 臨床心理学の定義と対象(佐藤)  
担当者 (推奨):
[継承]
2.(英)   (日) 臨床心理学の測定方法:パーソナリティ,知能,発達等の査定法(山本)  
担当者 (推奨):
[継承]
3.(英)   (日) 心理療法の基礎(1):精神分析,分析心理学(山本)  
担当者 (推奨):
[継承]
4.(英)   (日) 心理療法の基礎(2)クライエント中心療法(山本)  
担当者 (推奨):
[継承]
5.(英)   (日) 発達障害と特別支援教育の現状と課題(山本)  
担当者 (推奨):
[継承]
6.(英)   (日) 行動理論と行動療法(境)  
担当者 (推奨):
[継承]
7.(英)   (日) 認知療法:うつ病(境)  
担当者 (推奨):
[継承]
8.(英)   (日) 認知行動療法:不安障害(境)  
担当者 (推奨):
[継承]
9.(英)   (日) 臨床心理的地域援助の基礎(境)  
担当者 (推奨):
[継承]
10.(英)   (日) 臨床心理的地域援助の実際:ひきこもり(境)  
担当者 (推奨):
[継承]
11.(英)   (日) 外傷後ストレス障害の認知行動療法(佐藤)  
担当者 (推奨):
[継承]
12.(英)   (日) 摂食障害の認知行動療法(佐藤)  
担当者 (推奨):
[継承]
13.(英)   (日) 体重減量・糖尿病の認知行動療法(佐藤)  
担当者 (推奨):
[継承]
14.(英)   (日) 歯科心身症の認知行動療法(佐藤)  
担当者 (推奨):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 毎回の講義でレポートを提出する.このレポートでは,A4一枚以内で,講義概要を簡単にまとめ,それに対する考察・質問などを15分以内で書くことが求められる.e-learningの場合も同様で,毎回のレポート作成・オンライン提出を求める.また,このレポート提出を以て出席とする.2/3以上の出席が必要.   [継承]
再評価 (任意): (英)   (日) 再試験無し   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書は使用しない.参考書などは,適宜,授業時に紹介する   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.三留 雅人
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 三留:水曜日の12:00∼13:00(e-mail により調整可能)   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/臨床心理学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/臨床心理学) 閲覧 【授業概要】(2009/臨床心理学)   ←(なし)
閲覧 【授業概要】(2009/臨床心理学)

標準的な表示

和文冊子 ● 臨床心理学 / Clinical Psychology
欧文冊子 ● Clinical Psychology / 臨床心理学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(14)
Number of session users = 0, LA = 0.60, Max(EID) = 366694, Max(EOID) = 982268.