『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=182927)

EID=182927EID:182927, Map:[2008/分子薬理学演習], LastModified:2011年4月7日(木) 19:35:21, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.口腔科学教育部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 口腔科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Medical Pharmacology Seminar (日) 分子薬理学演習 (読) ぶんしやくりがくえんしゅう
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻]/[博士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.吉本 勝彦 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.分子薬理学])
肩書 (任意):
役割 (任意): 授業責任者 [継承]
[継承]
2.石川 康子
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 糖尿病,高血圧,高脂血症,肥満などの内分泌・代謝疾患を例にして,疾患の病因解明と薬物を中心とした治療法に関する研究の進め方を指導する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 生活習慣病を含む全身性疾患・遺伝性腫瘍疾患の病態解析法および治療法,糖尿病性合併症の病態解析法,薬物受容体とその情報転換・伝達機構,薬物輸送系と薬効,膜輸送蛋白質の病態・疾患と治療薬に関する最新の代表的学術論文を学生に抄読させ,作業仮説や実験計画の立案およびその実証方法について指導する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) 特になし   [継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 生活習慣病を含む全身性疾患・遺伝性腫瘍疾患の病因解析法・治療法,糖尿病性合併症の発症機構・薬物による治療法についての最新の学術論文を学生に抄読させ,未知の点を解明するための作業仮説や実験計画の立案およびその実証方法について指導する.  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 吉本 勝彦   [継承]
授業回数 (任意): 8 [継承]
[継承]
2.(英)   (日) 薬物受容体と情報転換機構及び情報伝達機構や膜輸送蛋白制御機構と病態に関する最新の学術論文を抄読し,未知の点を解明するための作業仮説や実験計画の立案およびその実証方法について指導する.  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 石川 康子   [継承]
授業回数 (任意): 7 [継承]
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 演習における発表・討論内容による.   [継承]
再評価 (推奨): (英)   (日) 行わない.   [継承]
教科書 (推奨):
参考資料 (任意):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.吉本 勝彦 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.分子薬理学])
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) e-mail によりアポイントをとって下さい.必要に応じて時間調節をおこないます.   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 特になし.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/分子薬理学演習)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/分子薬理学演習) 閲覧 【授業概要】(2009/分子薬理学演習) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 分子薬理学演習 / Medical Pharmacology Seminar
欧文冊子 ● Medical Pharmacology Seminar / 分子薬理学演習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【担当授業】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.52, Max(EID) = 362779, Max(EOID) = 970357.