『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=182904)

EID=182904EID:182904, Map:[2008/プロテオミクス解析学演習], LastModified:2011年4月7日(木) 18:56:41, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 医科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Proteomics seminar (日) プロテオミクス解析学演習 (読) プロテオミクスかいせきがくえんしゅう
[継承]
形態 (必須): 1.演習 [継承]
コース (必須): 1.2009/[プロテオミクス医科学専攻]/[博士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.谷口 寿章
肩書 (任意):
役割 (任意): 授業責任者 [継承]
[継承]
2.藤原 和子
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
3.小西 博昭
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
単位 (必須): 4 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 生体におけるシグナル伝達,蛋白質―蛋白質相互作用を研究するうえで必要なプロテオミクス解析学の手法を実際に修得する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 典型的な蛋白質の数種類を実際例として,二次元電気泳動,高速クロマトグラフィー,数種の質量分析計を使用した構造解析,得られているゲノム情報と,新たに得られた蛋白質情報を総合的に解析する手法に関し,研究計画の立案の仕方およびその実証法について統括的に指導する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
授業方法 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) パワーポイントなどのプレゼンテーションを用いた講義,発表などを行うため,自ら習認することが望ましい.   [継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) リサーチカンファレンス  
内容 (任意): 1.(英)   (日) 各週1回   [継承]
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 抄読会  
内容 (任意): 1.(英)   (日) 各週1回   [継承]
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) 研究指導・技術指導  
内容 (任意): 1.(英)   (日) 随時   [継承]
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) 病因解明におけるプロテオミクス解析学の応用についても言及し,臨床医との交流を活発に行なう.  
内容 (任意):
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席状況,授業内容への質疑応答などの受講態度など.   [継承]
再評価 (任意):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.谷口 寿章
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 水曜日の16:00∼18:00 (e-mail により時間調節を適宜おこないます)   [継承]
[継承]
2. (英) (日) 他の教員についても, e-mail にて時間調節の上,面談して下さい. (読)
オフィスアワー (推奨):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/プロテオミクス解析学演習)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/プロテオミクス解析学演習) 閲覧 【授業概要】(2009/プロテオミクス解析学演習) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● プロテオミクス解析学演習 / Proteomics seminar
欧文冊子 ● Proteomics seminar / プロテオミクス解析学演習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.10, Max(EID) = 366575, Max(EOID) = 981911.