『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=182902)

EID=182902EID:182902, Map:[2008/プロテオミクス病態学演習], LastModified:2011年4月7日(木) 18:56:34, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 医科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Disease Proteomics Seminar (日) プロテオミクス病態学演習 (読) プロテオミクスびょうたいがくえんしゅう
[継承]
形態 (必須): 1.演習 [継承]
コース (必須): 1.2009/[プロテオミクス医科学専攻]/[博士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.佐々木 卓也 ([徳島大学])
肩書 (任意):
役割 (任意): 授業責任者 [継承]
[継承]
単位 (必須): 4 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 細胞機能の制御機構の研究に必要な基礎知識と基本技術を習得させることを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) プロテオミクス研究を基盤とした,細胞機能の制御に関わる機能蛋白分子群の同定とそれらの作用機構および相互作用の解析について演習を行う.さらに,研究成果を疾患の病態解明や診断,治療法の開発につなげる方法論についても指導する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
授業方法 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) 遅刻しないこと.   [継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 授業ガイダンス  
内容 (任意):
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) プロテオミクス病態学演習の基礎  
内容 (任意):
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) プロテオミクス病態学演習の基礎  
内容 (任意):
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) プロテオミクス病態学演習の基礎  
内容 (任意):
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) プロテオミクス病態学演習の基礎  
内容 (任意):
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) プロテオミクス病態学演習の基礎  
内容 (任意):
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) プロテオミクス病態学演習の方法論(細胞内シグナル伝達機構)  
内容 (任意):
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
8.(英)   (日) プロテオミクス病態学演習の方法論(細胞内シグナル伝達機構)  
内容 (任意):
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
9.(英)   (日) プロテオミクス病態学演習の方法論(細胞間シグナル伝達機構)  
内容 (任意):
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
10.(英)   (日) プロテオミクス病態学演習の方法論(細胞間シグナル伝達機構)  
内容 (任意):
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
11.(英)   (日) プロテオミクス病態学演習の方法論(細胞骨格)  
内容 (任意):
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
12.(英)   (日) プロテオミクス病態学演習の方法論(細胞骨格)  
内容 (任意):
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
13.(英)   (日) プロテオミクス病態学演習の方法論(細胞内小胞輸送)  
内容 (任意):
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
14.(英)   (日) プロテオミクス病態学演習の方法論(細胞内小胞輸送)  
内容 (任意):
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
15.(英)   (日) 授業総括  
内容 (任意):
担当者 (推奨):
授業回数 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席のみ(講義の出席を原則としているので,出席が満たない場合は再履修).   [継承]
再評価 (任意):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) いつでも.ただしあらかじめメールに用件を書くとともに,時間のアポイントをとること. (読)
オフィスアワー (推奨):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 本授業科目を担当する分子病態学分野は,あらゆる細胞機能の制御において基本となるしくみに注目して研究を進めていることから,多くの研究領域との関わりがあり,どの研究領域の受講者であっても,本授業科目で習得した知識を受講者自身の研究テーマにつなげることが可能であるという点が特色である.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/プロテオミクス病態学演習)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/プロテオミクス病態学演習) 閲覧 【授業概要】(2009/プロテオミクス病態学演習) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● プロテオミクス病態学演習 / Disease Proteomics Seminar
欧文冊子 ● Disease Proteomics Seminar / プロテオミクス病態学演習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.01, Max(EID) = 366575, Max(EOID) = 981911.