『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=182890)

EID=182890EID:182890, Map:[2008/ゲノム創薬特論], LastModified:2011年4月7日(木) 20:59:29, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 薬科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Genomic Drug Discovery (日) ゲノム創薬特論 (読) ゲノムそうやくとくろん
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.医科学教育部.医科学専攻]/[修士課程] [継承]
2.2009/[徳島大学.薬科学教育部]/[博士前期課程] [継承]
3.2009/[徳島大学.薬科学教育部]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.伊藤 孝司 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.統合医薬創製科学系.創薬生命工学])
肩書 (任意):
役割 (必須): 授業責任者 [継承]
[継承]
2.板倉 光夫
肩書 (任意):
役割 (必須):
[継承]
3.玉置 俊晃
肩書 (任意):
役割 (必須):
[継承]
4.佐野 茂樹 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.分子創薬化学])
肩書 (任意):
役割 (必須):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) ゲノム創薬の考え方と実際について学ぶ.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) マイクロサテライトと単一ヌクレオチド多型を含ゲノム塩基配列に関する多型情報を用い,単一遺伝子の原因遺伝子と多遺伝子疾患の疾患感受性遺伝子とその多型を明らかに出来る.またゲノム情報と疾患メタボロームとの相関,および疾患治療の分子標的の構造と機能に関する情報に基づく「ゲノム創薬」と創薬の歴史や創薬の実際について講義する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) 講義の一部は e-learning 化を予定しているので,e-learning 学習も出席として取り扱う.   [継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 授業ガイダンス+創薬の歴史  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 玉置 俊晃   [継承]
[継承]
2.(英)   (日) ゲノム情報の現状  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 板倉 光夫   [継承]
[継承]
3.(英)   (日) 一遺伝子疾患の原因遺伝子の探索  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 板倉光夫   [継承]
[継承]
4.(英)   (日) 疾患モデル動物を用いた疾患感受性遺伝子の探索  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 板倉 光夫   [継承]
[継承]
5.(英)   (日) 患者を対象とする解析とゲノム創薬  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 板倉 光夫   [継承]
[継承]
6.(英)   (日) グライコサイエンスの基礎と現状  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 伊藤 孝司   [継承]
[継承]
7.(英)   (日) グライコバイオロジーと疾患  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 伊藤 孝司   [継承]
[継承]
8.(英)   (日) グライコサイエンスと創薬(トピックスI)  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 伊藤 孝司   [継承]
[継承]
9.(英)   (日) グライコサイエンスと創薬(トピックスII)  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 伊藤 孝司   [継承]
[継承]
10.(英)   (日) 有機化学を基盤とする創薬化学の概要  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 佐野 茂樹   [継承]
[継承]
11.(英)   (日) 創薬に役立つクスリの化学,常用医薬品の分子構造特性  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 佐野 茂樹   [継承]
[継承]
12.(英)   (日) ポストゲノム時代の創薬研究(1)  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 佐野 茂樹   [継承]
[継承]
13.(英)   (日) ポストゲノム時代の創薬研究(2)  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 佐野 茂樹   [継承]
[継承]
14.(英)   (日) 新薬の開発  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 玉置 俊晃   [継承]
[継承]
15.(英)   (日) 臨床試験  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 玉置 俊晃   [継承]
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席により評価する.12回以上出席すること. 欠席する場合は,担当教員が指定する課題についてレポートを提出することにより出席と認定する.   [継承]
教科書 (必須):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.伊藤 孝司 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.統合医薬創製科学系.創薬生命工学])
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) E-mailで質問等を受付け,必要があれば面談する.   [継承]
[継承]
2.板倉 光夫
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) E-mailで質問等を受付け,必要があれば面談する.   [継承]
[継承]
3.玉置 俊晃
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) E-mailで質問等を受付け,必要があれば面談する.   [継承]
[継承]
4.佐野 茂樹 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.分子創薬化学])
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) E-mailで質問等を受付け,必要があれば面談する.   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/ゲノム創薬特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/ゲノム創薬特論) 閲覧 【授業概要】(2009/ゲノム創薬特論)   ←(なし)
閲覧 【授業概要】(2009/ゲノム創薬特論)

標準的な表示

和文冊子 ● ゲノム創薬特論 / Genomic Drug Discovery
欧文冊子 ● Genomic Drug Discovery / ゲノム創薬特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(3) 閲覧【担当授業】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.76, Max(EID) = 371875, Max(EOID) = 994180.