『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=182806)

EID=182806EID:182806, Map:[2008/健康医科学実験], LastModified:2011年4月7日(木) 20:48:14, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 栄養生命科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 健康医科学実験 (読) けんこういかがくじっけん
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.栄養生命科学教育部.人間栄養科学専攻]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.中屋 豊
肩書 (任意):
役割 (任意): 授業責任者 [継承]
[継承]
2.髙橋 章 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.栄養科学部門.医科栄養学系.予防環境栄養学])
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
単位 (必須): 6 [継承]
目的 (必須):
概要 (必須): (英)   (日) 消化吸収機構の解明および下痢の発症メカニズムの解明を行う.特にサイトカイン,細胞内カルシウム動態,クロールイオンチャネルの開閉,栄養素の輸送機構などについて電気生理学,分子生物学的手法を用い研究を行う.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
授業方法 (推奨):
注意 (推奨):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 消化吸収機構についての理解を深め,臨床治療に応用できるようにする.また,病態における栄養補給法とのこれらの整理機構との関連について講義を行い,実際の投与法について学ぶ.  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 中屋教授   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 下痢のメカニズムを分子生物学的に検討する.特に腸管細菌感染による下痢発症機構について講義を行い,新しい予防法について最近の研究を紹介する.  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 高橋助教授   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
評価 (推奨):
再評価 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/健康医科学実験)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/健康医科学実験) 閲覧 【授業概要】(2009/健康医科学実験) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 健康医科学実験 / 健康医科学実験
欧文冊子 ● 健康医科学実験 / 健康医科学実験

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.52, Max(EID) = 366679, Max(EOID) = 982185.