『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=182775)

EID=182775EID:182775, Map:[2008/生涯健康支援看護学特講], LastModified:2011年4月10日(日) 03:24:33, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 保健科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 生涯健康支援看護学特講 (読) しょうがいけんこうしえんかんごがくとくこう
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/生涯健康支援学領域/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.川西 千恵美
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
2.關戸 啓子
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
3.多田 敏子
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
4.田村 綾子
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 生涯にわたる健康生活を支援するために必要な基盤となる理論や看護方略の開発や評価について探究する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 生涯にわたる健康生活を支援するために必要な基盤となる理論や看護技術の科学的根拠及び対象者の保健行動を支援するための学習支援方略の開発や評価,支援する看護師の育成方法の開発や評価について探究する.さらに,脳・神経系疾患や手術により健康を障害された人に対する回復支援方法及び地域における健康生活を支援するヘルスケアシステムの構築や実践の評価方法の開発・検証・実践の方法論を探究する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 看護学 (読) [継承]
2.健康 (health) [継承]
3.生活の質 (quality of life) [継承]
先行科目 (推奨): 1.看護学研究方法論 ([2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/生涯健康支援学領域/[博士後期課程]]/[2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用情報科学領域]/[博士後期課程]]/[2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用検査学領域]/[博士後期課程]]/->授業概要[2008/看護学研究方法論])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.生涯健康支援看護学特別研究 ([2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/生涯健康支援学領域/[博士後期課程]]/->授業概要[2008/生涯健康支援看護学特別研究])
関連度 (任意):
[継承]
2.生涯健康支援看護学特講演習 ([2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/生涯健康支援学領域/[博士後期課程]]/->授業概要[2008/生涯健康支援看護学特講演習])
関連度 (任意):
[継承]
3.先端保健医療学 ([2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/生涯健康支援学領域/[博士後期課程]]/[2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用情報科学領域]/[博士後期課程]]/[2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用検査学領域]/[博士後期課程]]/->授業概要[2008/先端保健医療学])
関連度 (任意):
[継承]
注意 (任意): (英)   (日) 課題をもって参加すること   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 各自の研究課題に関連付けることができる  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 生涯にわたる健康生活を支援するために必要な基盤となる理論や看護技術の科学的根拠を教授する(川西)  
[継承]
2.(英)   (日) 生涯にわたる健康生活を支援するために必要な基盤となる理論や看護技術の科学的根拠を教授する(川西)  
[継承]
3.(英)   (日) 生涯にわたる健康生活を支援するために必要な基盤となる理論や看護技術の科学的根拠を教授する(川西)  
[継承]
4.(英)   (日) 生涯にわたる健康生活を支援するために必要な基盤となる理論や看護技術の科学的根拠を教授する(川西)  
[継承]
5.(英)   (日) 対象者の保健行動を支援するために基盤となる学習支援方略の開発や評価,支援する看護師の育成方法の開発や評価について教授する(関戸)  
[継承]
6.(英)   (日) 対象者の保健行動を支援するために基盤となる学習支援方略の開発や評価,支援する看護師の育成方法の開発や評価について教授する(関戸)  
[継承]
7.(英)   (日) 対象者の保健行動を支援するために基盤となる学習支援方略の開発や評価,支援する看護師の育成方法の開発や評価について教授する(関戸)  
[継承]
8.(英)   (日) 対象者の保健行動を支援するために基盤となる学習支援方略の開発や評価,支援する看護師の育成方法の開発や評価について教授する(関戸)  
[継承]
9.(英)   (日) 地域における健康生活を支援するためのヘルスケアモデルやケアの目標であるQOLについて教授する(多田)  
[継承]
10.(英)   (日) 地域における健康生活を支援するためのヘルスケアモデルやケアの目標であるQOLについて教授する(多田)  
[継承]
11.(英)   (日) 地域における健康生活を支援するためのヘルスケアモデルやケアの目標であるQOLについて教授する(多田)  
[継承]
12.(英)   (日) 地域における健康生活を支援するためのヘルスケアモデルやケアの目標であるQOLについて教授する(多田)  
[継承]
13.(英)   (日) 地域における健康生活を支援するためのヘルスケアモデルやケアの目標であるQOLについて教授する(多田)  
[継承]
14.(英)   (日) 中途障害や手術に伴い回復支援が必要な脳・神経系疾患や手術患者の機能障害予防や回復支援方法の開発・検証・実践の方法論について教授する(田村)  
[継承]
15.(英)   (日) 中途障害や手術に伴い回復支援が必要な脳・神経系疾患や手術患者の機能障害予防や回復支援方法の開発・検証・実践の方法論について教授する(田村)  
[継承]
16.(英)   (日) 中途障害や手術に伴い回復支援が必要な脳・神経系疾患や手術患者の機能障害予防や回復支援方法の開発・検証・実践の方法論について教授する(田村)  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) レポートによる   [継承]
再評価 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.多田 敏子
オフィスアワー (任意):
[継承]
2.川西 千恵美
オフィスアワー (任意):
[継承]
3.關戸 啓子
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 毎週水曜日,金曜日18:00∼19:00   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/生涯健康支援看護学特講)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/生涯健康支援看護学特講) 閲覧 【授業概要】(2009/生涯健康支援看護学特講) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 生涯健康支援看護学特講 / 生涯健康支援看護学特講
欧文冊子 ● 生涯健康支援看護学特講 / 生涯健康支援看護学特講

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(3)
Number of session users = 4, LA = 0.80, Max(EID) = 366598, Max(EOID) = 981956.