『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=182703)

EID=182703EID:182703, Map:[2008/医用情報工学特講], LastModified:2009年1月29日(木) 20:30:36, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 保健科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Lecture on Medical Information Engineering (日) 医用情報工学特講 (読) いようじょうほうこうがくとっこう
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用情報科学領域]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.長篠 博文
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
2.吉永 哲哉 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.放射線科学系.医用画像機器工学])
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
3.近藤 正
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須):
目的 (必須):
概要 (必須): (英)   (日) 生体信号の計測・解析用電子情報システム,医用画像診断機器,および医用画像処理システムの開発・改良を目的として,数理科学,信号処理,非線形科学の理論と先端応用技術をソフトウェア・ハードウェアの両面にわたって教授する.脳波解析,コンピュータ支援画像診断,画像再構成,画像領域分割・認識などを人工神経回路網や離散時間力学系,結合神経振動子など非線形動的力学系にみられる挙動の医学応用としてとらえ,数理に基づいた医用情報工学を修得させる.▼医用電子情報システム,特に計測システム,演算システムを中心にそのグラフィカル開発システムを用いた設計・解析法を修得させ,コンピュータシステムによるシミュレーションを用いて体験的に理解させる.更に,生体の高度な機能に学んだ各種の知的情報処理手法について紹介し,脳波の計測・処理・解析への適用を中心に詳説する.(長篠) ▼医用画像診断機器における画像再構成の数理および非線形力学系の基礎理論を講述した後,離散時間力学系で記述される逐次的画像再構成,および非線形振動子の動的時系列パタンに基づく画像領域分割の原理,演算アルゴリズムなどを基本から最先端の手法まで系統的に教授する.(吉永) ▼マルチスライスCTやMRIから得られる三次元医用画像を対象にして,最新の人工ニューラルネットワーク(神経回路網)理論や人工知能技術を応用した三次元医用画像解析システムやコンピュータ支援画像診断(CAD)システムについて解説し,これらのシステムに応用されている先端的なディジタル医用画像情報処理技術について詳説する.(近藤)   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨): 1.医用情報解析学 ([2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.看護学領域]/生涯健康支援学領域/[博士後期課程]]/[2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用情報科学領域]/[博士後期課程]]/[2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用検査学領域]/[博士後期課程]]/->授業概要[2008/医用情報解析学])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.医用情報工学特講演習 ([2009/[徳島大学.保健科学教育部.保健学専攻.医用情報科学領域]/[博士後期課程]]/->授業概要[2008/医用情報工学特講演習])
関連度 (任意):
[継承]
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) LABViewを用いた信号解析システムの開発  
[継承]
2.(英)   (日) ニューラルネットワークを用いた脳波時系列データの解析(1)  
[継承]
3.(英)   (日) ニューラルネットワークを用いた脳波時系列データの解析(2)  
[継承]
4.(英)   (日) ニューラルネットワークを用いたEEG信号源の推定(1)  
[継承]
5.(英)   (日) ニューラルネットワークを用いたEEG信号源の推定(2)  
[継承]
6.(英)   (日) 医用画像診断・治療機器の原理に用いられる非線形力学系(1)  
[継承]
7.(英)   (日) 医用画像診断・治療機器の原理に用いられる非線形力学系(2)  
[継承]
8.(英)   (日) 離散時間力学系理論(1)  
[継承]
9.(英)   (日) 離散時間力学系理論(2)  
[継承]
10.(英)   (日) 離散時間力学系の解析と医用画像診断・治療機器への応用  
[継承]
11.(英)   (日) コンピュータ支援診断のためのニューラルネットワークアルゴリズム(1)  
[継承]
12.(英)   (日) コンピュータ支援診断のためのニューラルネットワークアルゴリズム(2)  
[継承]
13.(英)   (日) 人工ニューラルネットワークを用いたコンピュータ支援診断システム(1)  
[継承]
14.(英)   (日) 人工ニューラルネットワークを用いたコンピュータ支援診断システム(2)  
[継承]
15.(英)   (日) 人工ニューラルネットワークを用いたコンピュータ支援診断システム(3)  
[継承]
16.(英)   (日) まとめ  
[継承]
評価 (必須):
再評価 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.吉永 哲哉 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.放射線科学系.医用画像機器工学])
オフィスアワー (任意):
[継承]
2.長篠 博文
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 毎週水曜16∼17時,19時∼20時 保健学科A棟3階長篠教員研究室   [継承]
[継承]
3.近藤 正
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/医用情報工学特講)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/医用情報工学特講) 閲覧 【授業概要】(2009/医用情報工学特講) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 医用情報工学特講 / Advanced Lecture on Medical Information Engineering
欧文冊子 ● Advanced Lecture on Medical Information Engineering / 医用情報工学特講

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 1, LA = 1.47, Max(EID) = 366575, Max(EOID) = 981911.