『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=182567)

EID=182567EID:182567, Map:[2008/動物遺伝子工学], LastModified:2008年12月12日(金) 11:28:26, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.工学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 動物遺伝子工学 (読) どうぶついでんしこうがく
[継承]
形態 (推奨): 1.講義形式とポートフォーリオ形式の併用 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.先端技術科学教育部]/バイオ関連技術コース/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.野地 澄晴
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 動物,特にマウスの遺伝子操作とその表現型の解析について学習する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) (1)「実験はどうデザインするのか?」,「得られたマウスのどこを見たらいいのか?」,これらの疑問に答える. (2)あらゆるマウス変異体作製法とその解析について,どの段階からでも利用可能. (3)体系的アプローチで,各段階のツボが,実験に先立ってわかる. (4)初心者にも専門家にも役立つ情報. (5)ターゲティングでも,リソースでも利用する情報   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) マウス (読) [継承]
2. (英) (日) 遺伝子操作 (読) [継承]
3. (英) (日) 表現型解析 (読) [継承]
4. (英) (日) 機能解析 (読) [継承]
5. (英) (日) トランスジェニック技術 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.遺伝子工学 (M) ([2009/[徳島大学.先端技術科学教育部]/バイオ関連技術コース/[博士前期課程]]/->授業概要[2008/遺伝子工学 (M)])
関連度 (任意):
[継承]
2.分子生物学 (M) ([2009/[徳島大学.先端技術科学教育部]/バイオ関連技術コース/[博士前期課程]]/->授業概要[2008/分子生物学 (M)])
関連度 (任意):
[継承]
3.発生工学 (M) ([2009/[徳島大学.先端技術科学教育部]/バイオ関連技術コース/[博士前期課程]]/->授業概要[2008/発生工学 (M)])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) マウスの遺伝子解析の方法を習得する  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) マウスの遺伝子解析法の現状  
[継承]
2.(英)   (日) ミュータントを得る方法  
[継承]
3.(英)   (日) 遺伝子ターゲティング  
[継承]
4.(英)   (日) 表現型をみいだすには  
[継承]
5.(英)   (日) ミュータントを維持する  
[継承]
6.(英)   (日) 表現型解析:出生前致死  
[継承]
7.(英)   (日) 表現型解析:出生後表現型  
[継承]
8.(英)   (日) 中間試験  
[継承]
9.(英)   (日) ドミナントエフェクト(優性の影響)  
[継承]
10.(英)   (日) キメラの解析法  
[継承]
11.(英)   (日) 刷り込み遺伝子について  
[継承]
12.(英)   (日) RNA干渉法について  
[継承]
13.(英)   (日) マイクロRNAについて  
[継承]
14.(英)   (日) 網羅的な遺伝子の解析法について  
[継承]
15.(英)   (日) マウス遺伝子解析の将来  
[継承]
16.(英)   (日) 期末試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 中間試験(40%),期末試験(40%),レポート(20%)の成績により評価する.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) マウス表現型解析 大内 淑代 井関 祥子訳 メディカルサイエンスインターナショナル   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) プリントを配布   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.野地 澄晴
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/動物遺伝子工学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/動物遺伝子工学) 閲覧 【授業概要】(2009/動物遺伝子工学) 閲覧 【授業概要】(2010/動物遺伝子工学)

標準的な表示

和文冊子 ● 動物遺伝子工学 / 動物遺伝子工学
欧文冊子 ● 動物遺伝子工学 / 動物遺伝子工学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 6, LA = 0.73, Max(EID) = 407323, Max(EOID) = 1103879.