『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=182507)

EID=182507EID:182507, Map:[2008/生命テクノサイエンス論文輪講], LastModified:2009年1月15日(木) 17:23:35, Operator:[長宗 秀明], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Practice for undrstanding scientific papers in bioogical technology (日) 生命テクノサイエンス論文輪講 (読) せいめいてくのさいえんすろんぶんりんこう
[継承]
形態 (推奨): 1.講義および演習 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース.生命テクノサイエンスコース教員
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) To learn how to read scientific papers for research  (日) 修士課程の研究を行うための論文の読解法を学ぶ.   [継承]
概要 (必須): (英) In order to obtain information on research and to learn how to present research results, students read papers related to their subjects of master thesis, present its contents, and discuss about contents of the paper.  (日) 修士論文の研究テーマに関連する論文を読み,所属する研究室において,発表,討論することを通じて,研究の現状,課題,動向についてまとめる.この課程でプレゼンテーション能力を高めるとともに,今後の研究の展開と社会的意義について理解する.本科目は,工業に関する科目である.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) reading of papar (日) 論文購読 (読) [継承]
2. (英) oral presentation (日) プレゼンテーション (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.生命テクノサイエンス演習 ([2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2008/生命テクノサイエンス演習])
関連度 (任意):
[継承]
2.生命テクノサイエンス特別実験 ([2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2008/生命テクノサイエンス特別実験])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英) N/A  (日) なし   [継承]
注意 (任意): (英) N/A  (日) なし   [継承]
目標 (必須): 1.(英) To learn how to read papers  (日) 論文の内容を解読する方法を学ぶ  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) presentation and discussion 1  (日) 発表と議論 1  
[継承]
2.(英) presentation and discussion 2  (日) 発表と議論 2  
[継承]
3.(英) presentation and discussion 3  (日) 発表と議論 3  
[継承]
4.(英) presentation and discussion 4  (日) 発表と議論 4  
[継承]
5.(英) presentation and discussion 5  (日) 発表と議論 5  
[継承]
6.(英) presentation and discussion 6  (日) 発表と議論 6  
[継承]
7.(英) presentation and discussion 7  (日) 発表と議論 7  
[継承]
8.(英) presentation and discussion 8  (日) 発表と議論 8  
[継承]
9.(英) presentation and discussion 9  (日) 発表と議論 9  
[継承]
10.(英) presentation and discussion 10  (日) 発表と議論 10  
[継承]
11.(英) presentation and discussion 11  (日) 発表と議論 11  
[継承]
12.(英) presentation and discussion 12  (日) 発表と議論 12  
[継承]
13.(英) presentation and discussion 13  (日) 発表と議論 13  
[継承]
14.(英) presentation and discussion 14  (日) 発表と議論 14  
[継承]
15.(英) presentation and discussion 15  (日) 発表と議論 15  
[継承]
16.(英) presentation and discussion 16  (日) 発表と議論 16  
[継承]
評価 (必須): (英) Mutual evaluation of presentation  (日) 発表の相互評価   [継承]
再評価 (必須): (英) N/A  (日) なし   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) N/A  (日) なし   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) Related papers  (日) 関連論文   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1. (英) Administration Office(M703) (日) 生物事務室(M703) (読)
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/生命テクノサイエンス論文輪講)
            →閲覧 【授業概要】(2007/生命テクノサイエンス論文輪講)
                →閲覧 【授業概要】(2006/生命テクノサイエンス論文輪講)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/生命テクノサイエンス論文輪講) 閲覧 【授業概要】(2009/生命テクノサイエンス論文輪講) 閲覧 【授業概要】(2010/生命テクノサイエンス論文輪講)

標準的な表示

和文冊子 ● 生命テクノサイエンス論文輪講 / Practice for undrstanding scientific papers in bioogical technology
欧文冊子 ● Practice for undrstanding scientific papers in bioogical technology / 生命テクノサイエンス論文輪講

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(6)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 1.20, Max(EID) = 374934, Max(EOID) = 1004766.