『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=182487)

EID=182487EID:182487, Map:[2008/生産加工特論], LastModified:2009年1月15日(木) 09:43:28, Operator:[多田 吉宏], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Production Technology (日) 生産加工特論 (読) せいさんかこうとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.海江田 義也
肩書 (任意):
[継承]
2.多田 吉宏
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) This class introduce powder processing and plasticity theory that can be used for novel material fabrication and advanced manufacturing.  (日) 粉末冶金技術を中心に,生産加工論を学ぶ.   [継承]
概要 (必須): (英) Forming technologies for novel materials are introduced, and plasticity theories for compressive metals and anisotropic metals are also discussed.  (日) 各種多機能な新素材に対する成形加工技術,粉末• 粉体の加工とそれを応用した材料創製技術など新しい生産加工論を理解する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) combustion synthesis (日) 燃焼合成 (読) [継承]
2. (英) isostatic processing (日) 高静水圧加工 (読) [継承]
3. (英) powder metallurgy (日) 粉末冶金 (読) [継承]
4. (英) plasticity theory (日) 塑性力学 (読) [継承]
5. (英) constitutive equation (日) 構成式 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英) Students are required to have a good understanding on fundamentals of metal forming technologies.  (日) 塑性加工について基礎的な素養があること.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) To understand advanced forming technologies including powder processings and isostatic processings.  (日) 粉末冶金法と燃焼合成法,および高静水圧加工法などについて理解する.  
[継承]
2.(英) To understand fundamentals of compressive and anisotropic plasticity theories.  (日) 圧縮性材料および異方性材料の塑性力学を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Introduction to powder metallurgy  (日) 各種粉末冶金法の概論  
[継承]
2.(英) Fundamentals of combustion synthesis  (日) 燃焼合成法の基礎  
[継承]
3.(英) Applications of combustion synthesis  (日) 燃焼合成法の応用  
[継承]
4.(英) Fundamentals of isostatic forming technologies  (日) 高静水圧加工法の基礎  
[継承]
5.(英) Applications of isostatic forming technologies  (日) 高静水圧加工法の応用  
[継承]
6.(英) Cold isostatic processing (CIP)  (日) 冷間等方圧加工法(CIP)  
[継承]
7.(英) Hot isostatic processing (HIP)  (日) 熱間等方圧加工法(HIP)  
[継承]
8.(英) Exercise  (日) 演習  
[継承]
9.(英) Plastic working of compressive metals  (日) 圧縮性材料の塑性加工  
[継承]
10.(英) Yield criteria of compressive metals  (日) 圧縮性材料の降伏条件  
[継承]
11.(英) Constitutive equation of compressive metals  (日) 圧縮性材料の塑性力学  
[継承]
12.(英) Analysis of plastic deformation of compressive metals  (日) 圧縮性材料の加工の解析  
[継承]
13.(英) Mechanics of powder consolidation  (日) 粉粒体の圧密条件  
[継承]
14.(英) Yield criteria of anisotropic metals  (日) 異方性材料の降伏条件  
[継承]
15.(英) Constitutive equation of anisotropic metals  (日) 異方性材料の塑性力学  
[継承]
16.(英) Examination  (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英) Assignments count 70%, exercises and examinations count 30%.  (日) レポート課題(70 点) と演習・試験(30 点) を総合して評価する.   [継承]
再評価 (必須): (英) None  (日) 無し   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) Printed synopsises are used.  (日) プリント資料で講義する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) To be introduced in the class.  (日) 授業中に紹介する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.海江田 義也
オフィスアワー (任意):
[継承]
2.多田 吉宏
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/生産加工特論)
            →閲覧 【授業概要】(2007/生産加工特論)
                →閲覧 【授業概要】(2006/生産加工特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/生産加工特論) 閲覧 【授業概要】(2009/生産加工特論) 閲覧 【授業概要】(2010/生産加工特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 生産加工特論 / Advanced Production Technology
欧文冊子 ● Advanced Production Technology / 生産加工特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 1.30, Max(EID) = 382137, Max(EOID) = 1020783.