『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=182103)

EID=182103EID:182103, Map:[2008/電気電子工学輪講], LastModified:2008年12月10日(水) 11:28:43, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Electrical and Electronic Engineering Seminar (日) 電気電子工学輪講 (読) でんきでんしこうがくりんこう
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.徳島大学.工学部.電気電子工学科.電気電子工学科教員
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 学部における授業は多人数を対象とする講義形式が大半であるが,本科目は,卒業研究で配属された研究室において,比較的小人数を対象としたゼミ形式で行われる授業である.内容は配属された研究室により異なるが,研究内容に関連した専門分野の英文テキストを,教員や大学院生と共に輪読する形式で進められることが主である.この輪講を通じて,指導書に書かれている内容や表現法·専門用語を学び,専門英語の読解力を養うとともに,読解した内容のプレゼンテーションについても訓練させることを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 配属された研究室において,指導教員から与えられた電気電子工学(主としてその研究室の専門分野)に関する英文テキストを,研究室で定めた時間帯において輪読する.本科目はゼミ形式で行われ,学生の発表内容について,指導教員から必要に応じて質問や助言がある.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英)   (日) 卒業研究着手資格を満足して研究室に配属された学生を対象として開講する.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 発表の際に指導教員から英語の和訳はもちろんのこと,それらに関連した図表の説明や式の導出法などを問われても回答できるよう,前もって十分に調べ,理解しておくことが大切である.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 英語の専門用語を学ぶ.  
[継承]
2.(英)   (日) 自主的·継続的な英語学習能力を養う.  
[継承]
3.(英)   (日) 読解した英文テキストの内容についてプレゼンテーションができる.  
[継承]
4.(英)   (日) 指導教員や学生間で発表内容説明に関してコミュニケーションができる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 4月に各研究室に配属された学生は,前後期を通じて輪講を行う.  
[継承]
2.(英)   (日) 研究室で定められた時間に,英文テキストを輪読する.  
[継承]
3.(英)   (日) 担当する範囲について,プレゼンテーションを行う.  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 到達目標が各々達成されているかを,以下の条件により合否を判定する.1. 担当する範囲において,専門用語が獲得できていることが認められること(到達目標1).2. 毎回の輪講の内容が理解できているかどうか,指導教員の質問に答えられること(到達目標2).3. 文面内容,図面および式の導出などが的確に発表できていることが認められること(到達目標3).4. 輪講での内容に関する討論に加わり,意見交換ができること(到達目標4)   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) .   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) (B)社会情報80%,(D)専門基礎20%   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) 所属研究室教員 (読)
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/電気電子工学輪講)
            →閲覧 【授業概要】(2007/電気電子工学輪講)
                →閲覧 【授業概要】(2006/電気電子工学輪講)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/電気電子工学輪講) 閲覧 【授業概要】(2009/電気電子工学輪講) 閲覧 【授業概要】(2010/電気電子工学輪講)

標準的な表示

和文冊子 ● 電気電子工学輪講 / Electrical and Electronic Engineering Seminar
欧文冊子 ● Electrical and Electronic Engineering Seminar / 電気電子工学輪講

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【担当授業】…(8)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 1.10, Max(EID) = 374807, Max(EOID) = 1004448.