『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=182097)

EID=182097EID:182097, Map:[2008/電気電子工学実験2], LastModified:2009年1月25日(日) 17:23:20, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Electrical and Electronic Engineering Laboratory (II) (日) 電気電子工学実験2 (読) でんきでんしこうがくじっけん
[継承]
形態 (不用): 1.実験 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.安野 卓 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座]/バイオイノベーション研究所(併任))
肩書 (任意):
[継承]
2.北條 昌秀 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座])
肩書 (任意):
[継承]
3.寺西 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座])
肩書 (任意):
[継承]
4.大屋 英稔
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 実験を通して,電気電子応用技術に関する理解を深めると共に,技術者として安全管理に配慮した実験機器及び測定機器の取扱い方法を修得し,実験結果を的確な技術報告書としてまとめる能力を身につける.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 電気機器,パワーエレクトロニクス,高電圧,照明電熱,計測,制御といった専門的な内容について,基礎知識を実験的に検証するとともに,その応用技術に関する理解を深める.受講者はグループ毎に上記分野に関する実験を行い,各自レポートを作成提出する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.電動機 (electric machine) [継承]
2.半導体電力変換装置 (semiconductor power converter) [継承]
3. (英) (日) 配光曲線 (読) はいこうきょくせん [継承]
4. (英) (日) 直流放電特性 (読) ちょくりゅうほうでんとくせい [継承]
5. (英) (日) PID制御 (読) ぴーあいでぃーせいぎょ [継承]
6. (英) (日) 電磁流量計 (読) でんじりゅうりょうけい [継承]
先行科目 (推奨): 1.電気電子工学基礎実験 ([2009/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/電気電子工学基礎実験])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.電気電子工学実験1 ([2009/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/電気電子工学実験1])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.電気機器1 ([2009/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/電気機器1])
関連度 (任意):
[継承]
2.電気機器2 ([2009/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/電気機器2])
関連度 (任意):
[継承]
3.パワーエレクトロニクス ([2009/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/パワーエレクトロニクス])
関連度 (任意):
[継承]
4.照明電熱工学 ([2009/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/照明電熱工学])
関連度 (任意):
[継承]
5.高電圧工学 ([2009/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/高電圧工学])
関連度 (任意):
[継承]
6.システム基礎 ([2009/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/システム基礎])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) なし   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) レポートの内容によっては再提出を求められることがある.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 計画的かつ安全に実験を遂行し,実験対象の特性の検証に適切なデータ収集ができること.  
[継承]
2.(英)   (日) 実験対象の特性及び原理を理解すること.  
[継承]
3.(英)   (日) 理解した事項を実験結果に基づいた論理的なレポートとしてまとめられること.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 直流機ドライブに関する実験;IGBTチョッパ回路による直流電動機速度制御システムに対し,チョッパ回路動作の確認および直流電動機の速度制御特性を測定する.  
[継承]
2.(英)   (日) 交流機ドライブに関する実験;インバータ回路による誘導電動機速度制御システムに対し,PAMインバータ回路動作の確認および誘導電動機の速度制御特性を測定する.  
[継承]
3.(英)   (日) 白熱電球と蛍光灯の配光曲線;白熱電球および蛍光灯の配光曲線を測定し,配光曲線の意味および測定原理,また各器具の構造·性質を理解する.またエネルギーの有効利用や視環境について検討する.  
[継承]
4.(英)   (日) 各種ギャップの直流放電特性;球対球ギャップを用いた直流高電圧の測定を行う.針対平板電極間によりコロナ放電特性,絶縁耐力ならびにフラッシオーバ特性を測定する.これらを通し,直流高電圧に対する理解を深める.  
[継承]
5.(英)   (日) 液位のPID制御;タンク系に対して, オンオフ制御により生ずるリミットサイクルを調べ, 周波数応答法および過渡応答法に基づいて, PID制御を行う.  
[継承]
6.(英)   (日) 電磁流量計;流体の流速·流量の測定に広く使われている電磁流量計に対して, その出力信号が, 管内水流の平均流速と励磁電流にどのように依存して変わるかについて実験する.励磁は低周波矩形波と正弦波交流の二通りにより行う.  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 必要条件として,すべての実験に出席し,すべての実験課題についてのレポートを提出し,それらすべてが受理されることが必要である.その上で,実験課題毎に到達目標の3項目についてレポート100%で総合的に評価し,すべての実験課題について60%以上であれば合格とする.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) .   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) (E)専門分野(電気エネルギー,電気電子システム)70%,(F)創成·自律30%   [継承]
対象学生 (任意): 開講コースと同学科の夜間主コース学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 本科目担当教員の作成するテキスト   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 各実験内容の対応する専門科目の教科書がこれにあたる.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.北條 昌秀 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 本科目は電気主任技術者の資格申請に必要な科目であり,将来,本資格の取得を考えている者は受講し単位を修得しておく必要がある.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/電気電子工学実験2)
            →閲覧 【授業概要】(2007/電気電子工学実験2)
                →閲覧 【授業概要】(2006/電気電子工学実験2)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/電気電子工学実験2) 閲覧 【授業概要】(2009/電気電子工学実験2) 閲覧 【授業概要】(2010/電気電子工学実験2)

標準的な表示

和文冊子 ● 電気電子工学実験2 / Electrical and Electronic Engineering Laboratory (II)
欧文冊子 ● Electrical and Electronic Engineering Laboratory (II) / 電気電子工学実験2

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(2) 閲覧【担当授業】…(6)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.94, Max(EID) = 374807, Max(EOID) = 1004448.