『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=182085)

EID=182085EID:182085, Map:[2008/電気回路2·演習], LastModified:2009年8月4日(火) 10:37:31, Operator:[島本 隆], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Electrical Circuit Theory (II) and Exercise (日) 電気回路2·演習 (読) でんきかいろに えんしゅう
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.島本 隆 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
肩書 (任意):
[継承]
2.西尾 芳文 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 3 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 電気電子工学の重要な基礎科目として,「電気回路1·演習」に引き続き,相互結合素子,2端子対回路,3相交流回路,分布定数回路の解析に必要な基礎知識を修得させる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) まず,新たな回路素子として,相互インダクタやジャイレータ等,1次側と2次側の電圧·電流が相互に影響しあう回路素子の特性を学ぶ.そして,1次側と2次側の電圧·電流の関係式を記述する2端子対回路の考え方を学ぶ.さらに,3つの交流電圧源が印加された3相交流回路の解析方法,素子定数の空間的な広がりを考慮した分布定数回路の解析方法について学ぶ.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 2端子対回路 (読) にたんしついかいろ [継承]
2. (英) (日) 3相交流回路 (読) さんそうこうりゅうかいろ [継承]
3. (英) (日) 分布定数回路 (読) ぶんぷていすうかいろ [継承]
先行科目 (推奨): 1.電気回路1·演習 ([2009/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/電気回路1·演習])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.過渡現象 ([2009/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/過渡現象])
関連度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.回路網解析 ([2009/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/回路網解析])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) 「電気回路1」の授業内容が基礎になった講義であるため,その内容を十分に復習しておくことが必須である.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 週2回の講義時間があり,1回は主として講義に,もう1回は主として演習に用いる.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 相互インダクタ·制御電源等の相互結合素子の特性を理解し,それらを含む回路を解析できる.2端子対回路の考え方を理解し,1次側と2次側の電圧·電流の関係式を記述できる.  
[継承]
2.(英)   (日) 対称3相交流電源の性質を理解し,その電源に対称あるいは非対称な3相負荷が接続された回路を解析できる.また3相交流回路の電力の求め方を理解している.  
[継承]
3.(英)   (日) 素子定数の空間的な広がりを考慮した分布定数回路(特に伝送線路)を解析できる.また,無損失等の様々な条件下での特性を理解し,それらを伝送線路解析に利用できる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 相互インダクタの素子特性と等価回路,極性の扱い  
[継承]
2.(英)   (日) 制御電圧源·制御電流源の扱い,理想変成器の素子特性  
[継承]
3.(英)   (日) ジャイレータの素子特性,相互結合素子のまとめ  
[継承]
4.(英)   (日) 2端子対回路の考え方,インピーダンス行列·アドミタンス行列の定義と求め方  
[継承]
5.(英)   (日) 4端子行列(F行列)の定義と求め方,基本回路のF行列と縦続接続  
[継承]
6.(英)   (日) 相互インダクタ·理想変成器·ジャイレータのF行列と縦続接続,直列接続,並列接続  
[継承]
7.(英)   (日) 中間試験(到達目標 1 の評価)  
[継承]
8.(英)   (日) 対称3相電源の性質とΔ型·Y型の接続,対称3相負荷の接続と解析方法  
[継承]
9.(英)   (日) 非対称3相負荷の接続と解析方法  
[継承]
10.(英)   (日) 3相交流回路の複素電力と有効電力,2電力計法の概念と求解法  
[継承]
11.(英)   (日) 中間試験(到達目標 2 の評価)  
[継承]
12.(英)   (日) 分布定数回路(伝送線路)の微小区間モデルと回路方程式,伝搬定数と特性インピーダンス  
[継承]
13.(英)   (日) 無損失線路·無ひずみ線路·無限長線路の条件,伝送線路の電圧·電流·インピーダンス  
[継承]
14.(英)   (日) 出力端短絡·開放·整合などの条件下での伝送線路の電圧·電流·インピーダンス  
[継承]
15.(英)   (日) 期末試験(到達目標 3 の評価)  
[継承]
16.(英)   (日) 期末試験の返却とまとめ  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 到達目標の3項目が各々達成されているかを試験80%,平常点(演習レポート等)20%で評価し,3項目平均で60%以上あれば合格とする.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) .   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) (C)工学基礎10%,(D)専門基礎70%,(E)専門分野(知能電子回路)20%   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 「電気回路1」で使用した教科書; 川上,島本,西尾共著「例題と課題で学ぶ電気回路-線形回路の定常解析-」コロナ社; を引き続き使用する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 山口勝也 他著「詳解電気回路例題演習(2),(3)」コロナ社   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.島本 隆 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
2.西尾 芳文 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英) .  (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/電気回路2·演習)
            →閲覧 【授業概要】(2007/電気回路2·演習)
                →閲覧 【授業概要】(2006/電気回路2·演習)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/電気回路2·演習) 閲覧 【授業概要】(2009/電気回路2·演習) 閲覧 【授業概要】(2010/電気回路2·演習)

標準的な表示

和文冊子 ● 電気回路2·演習 / Electrical Circuit Theory (II) and Exercise
欧文冊子 ● Electrical Circuit Theory (II) and Exercise / 電気回路2·演習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(39)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.43, Max(EID) = 361546, Max(EOID) = 967713.