『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=182040)

EID=182040EID:182040, Map:[2008/創造基礎実習], LastModified:2009年2月9日(月) 11:27:46, Operator:[溝渕 啓], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Practice of Elementary Machine Creation (日) 創造基礎実習 (読) そうぞうきそじっしゅう
[継承]
形態 (不用): 1.実習 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.富田 卓朗 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.物性デバイス分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.物性デバイス講座])
肩書 (任意):
[継承]
2.伊藤 照明
肩書 (任意):
[継承]
3.松尾 繁樹
肩書 (任意):
[継承]
4.溝渕 啓 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.生産工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.生産工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 自らの意思と発想により,与えられた課題について着想力と創造力を駆使して問題解決の筋道を模索し,実現するための方法,手段を学ぶ.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 単純な機能を有する小型構造物を少人数のグループで設計製作し,公開競技会·技術報告会などを通して機構学,解析力学,材料力学等を実践的に習得するとともに工学的な創造性·独創性を養う.具体的には,全員に同一の課題(毎年変更)を与えて,小型構造物(はり,ロボット,ウインチ等)の設計製作を行う.作業中に生じたトラブルとそれをどのように解決したかという作業報告書を提出する.最後に公開競技会および報告会を行う.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英)   (日) 特になし.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 実習の成果があがるよう,製作には真摯に取り組み,レポートは丁寧に記述すること.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 機構学,解析力学,材料力学等を実践的に習得する.  
[継承]
2.(英)   (日) 工学的な創造性·独創性を養う.  
[継承]
3.(英)   (日) グループ内の討論を通して,自己や他人の意見をまとめる能力を養う.  
[継承]
4.(英)   (日) レポート作成能力やプレゼンテーション能力を修得する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) テーマ1概念設計 ケント紙を用いた実習  
[継承]
2.(英)   (日) テーマ1 詳細設計 ケント紙を用いた実習  
[継承]
3.(英)   (日) テーマ1 試作実験 ケント紙を用いた実習  
[継承]
4.(英)   (日) テーマ1 競技大会 ケント紙を用いた実習  
[継承]
5.(英)   (日) テーマ1 技術報告会 ケント紙を用いた実習  
[継承]
6.(英)   (日) テーマ2概念設計 ケント紙を用いた実習  
[継承]
7.(英)   (日) テーマ2 詳細設計 ケント紙を用いた実習  
[継承]
8.(英)   (日) テーマ2 試作実験 ケント紙を用いた実習  
[継承]
9.(英)   (日) テーマ2 競技大会 ケント紙を用いた実習  
[継承]
10.(英)   (日) テーマ2 技術報告会 ケント紙を用いた実習  
[継承]
11.(英)   (日) テーマ3概念設計 LEGO Mindstormsを用いた実習  
[継承]
12.(英)   (日) テーマ3 詳細設計 LEGO Mindstormsを用いた実習  
[継承]
13.(英)   (日) テーマ3 試作実験 LEGO Mindstormsを用いた実習  
[継承]
14.(英)   (日) テーマ3 競技大会 LEGO Mindstormsを用いた実習  
[継承]
15.(英)   (日) テーマ3 技術報告会 LEGO Mindstormsを用いた実習  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 授業への取組み(30点),作品および報告書(50点),プレゼンテーション(20点),60%以上を合格とする.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) 【成績評価】と同一である.   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) (D) 80%,(E) 20% に対応する.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 授業毎に関連した資料を配布する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 伊藤進 著「創造力をみがくヒント」講談社   [継承]
2.(英)   (日) 今坂一郎 著「モノから学ぶ-化学的発想の遊び-」裳華房   [継承]
3.(英)   (日) 高橋昌義著「常識破りの成功発想」共立出版   [継承]
4.(英)   (日) H. F. ジャドソン 著/江沢洋 訳「科学と創造=科学者はどう考るか」培風館   [継承]
5.(英)   (日) 種田重男 著「機構学」朝倉書房   [継承]
6.(英)   (日) 「モノづくり解体新書」日刊工業新聞社   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.富田 卓朗 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.物性デバイス分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.物性デバイス講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
2.伊藤 照明
オフィスアワー (任意):
[継承]
3.松尾 繁樹
オフィスアワー (任意):
[継承]
4.溝渕 啓 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.生産工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.生産工学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/創造基礎実習)
            →閲覧 【授業概要】(2007/創造基礎実習)
                →閲覧 【授業概要】(2006/創造基礎実習)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/創造基礎実習) 閲覧 【授業概要】(2009/創造基礎実習) 閲覧 【授業概要】(2010/創造基礎実習)

標準的な表示

和文冊子 ● 創造基礎実習 / Practice of Elementary Machine Creation
欧文冊子 ● Practice of Elementary Machine Creation / 創造基礎実習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 1, LA = 1.03, Max(EID) = 362759, Max(EOID) = 970276.