『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=181981)

EID=181981EID:181981, Map:[2008/数値計算法], LastModified:2008年12月11日(木) 22:22:07, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Numerical Computation (日) 数値計算法 (読) すうちけいさんほう
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.上田 哲史 ([徳島大学.情報センター]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 計算機における数値表現や計算の手間,反復法の功罪を理解した上で,C言語を用いた数値計算アルゴリズムのコード化技術,および性能評価を学習する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 工学における各種設計問題,動力学系の解析,シミュレーションなどには計算機が援用される.MATLABに代表される統合数値解析ツールは,従来の洗練された数値計算パッケージの集大成であるが,それらをブラックボックスとして使うのではなく,数値計算の各要素の基本アルゴリズムと計算機の数値表現を理解した上で,基本的な数値計算アルゴリズムの実現過程と実際の計算動作について経験を積むことが工学者として望ましい.本講義では演習を中心にして,様々な数値計算法についてそのC言語による実現を学習する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.数値計算 (numerical computation) [継承]
2.C言語 (programming language C/->キーワード[C言語]) [継承]
3. (英) evaluation of solutions (日) 数値解の評価 (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.数値解析 ([2009/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/数値解析])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.最適化理論 ([2009/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/最適化理論])
関連度 (任意):
[継承]
2.情報計測工学 ([2009/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/情報計測工学])
関連度 (任意):
[継承]
3.数理計画法 ([2009/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/数理計画法])
関連度 (任意):
[継承]
4.微分方程式2 ([2009/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/微分方程式2])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) 必要なアルゴリズムの原理は演習中に簡単に説明するにとどめる.よって,専攻科目の単位を取得していることが望ましい.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 数理モデルに基づくシステマティックな解析·設計の方法を学習し, 数値的に根拠のある解析にもとづく設計能力を育成する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 計算機における数の表現  
[継承]
2.(英)   (日) 数値積分法  
[継承]
3.(英)   (日) ガウスの消去法とピボッディング  
[継承]
4.(英)   (日) LU分解(クラウト法)と連立方程式の解法  
[継承]
5.(英)   (日) コレスキー法と条件数  
[継承]
6.(英)   (日) 固有値問題―ヤコビ法  
[継承]
7.(英)   (日) 固有値問題―ハウスホルダー法  
[継承]
8.(英)   (日) 固有値問題―QR法  
[継承]
9.(英)   (日) 総合演習 I  
[継承]
10.(英)   (日) ニュートン法とその応用  
[継承]
11.(英)   (日) 常微分方程式の初期値問題  
[継承]
12.(英)   (日) 総合演習 II  
[継承]
13.(英)   (日) 有限要素法基礎  
[継承]
14.(英)   (日) 有限要素法応用  
[継承]
15.(英)   (日) 総合演習 III  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 毎回の実習ごとに提出されるレポート,および,実習態度などにより評価する. 実習に関する注意事項を別に配布するので,それに基づいてレポートを作成する. すべてのレポートを提出し,かつ,合格点に達したものに限り単位が与えられる. 定期試験は行わない.   [継承]
JABEE合格 (任意):
JABEE関連 (任意):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 特に指定しない.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 篠原能材「数値解析の基礎」日新出版   [継承]
2.(英)   (日) 伊理正夫·藤野和建「数値計算の常識」共立出版   [継承]
3.(英)   (日) 森 正武「数値計算プログラミング」岩波書店   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.上田 哲史 ([徳島大学.情報センター]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/数値計算法)
            →閲覧 【授業概要】(2007/数値計算法)
                →閲覧 【授業概要】(2006/数値計算法)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/数値計算法) 閲覧 【授業概要】(2009/数値計算法) 閲覧 【授業概要】(2010/数値計算法)

標準的な表示

和文冊子 ● 数値計算法 / Numerical Computation
欧文冊子 ● Numerical Computation / 数値計算法

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(2) 閲覧【担当授業】…(1)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.66, Max(EID) = 382172, Max(EOID) = 1020892.