『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=181708)

EID=181708EID:181708, Map:[2008/プログラミングシステム], LastModified:2008年12月11日(木) 22:25:23, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Programming Systems (日) プログラミングシステム (読) プログラミングシステム
[継承]
形態 (不用): 1.講義および演習 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.緒方 広明
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) XMLを用いた文章の表現手法やオブジェクト指向言語,高機能言語によるプログラミングを学ぶことにより,より高度なソフトウェア開発技法を修得させる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 本講義ではXMLを用いた文章表現のデザイン手法と,Java言語を通してオブジェクト指向言語によるシステム開発技術を習得する. 単に講義だけでなく,毎回講義の後に演習問題またはレポート課題を出題する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) XML (読) [継承]
2. (英) (日) オブジェクト指向言語 (読) [継承]
3. (英) (日) Squeak (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.コンピュータ入門1 ([2009/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/コンピュータ入門1])
必要度 (任意):
[継承]
2.コンピュータ入門2 ([2009/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/コンピュータ入門2])
必要度 (任意):
[継承]
3.データ構造とアルゴリズム1 ([2009/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/データ構造とアルゴリズム1])
必要度 (任意):
[継承]
4.データ構造とアルゴリズム2 ([2009/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/データ構造とアルゴリズム2])
必要度 (任意):
[継承]
5.プログラミング方法論 ([2009/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/プログラミング方法論])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.データ構造とアルゴリズム2 ([2009/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/データ構造とアルゴリズム2])
関連度 (任意):
[継承]
2.ソフトウェア設計及び実習2 ([2009/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/ソフトウェア設計及び実習2])
関連度 (任意):
[継承]
3.プログラミング方法論 ([2009/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/プログラミング方法論])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) )「コンピュータ入門1,2」,「データ構造とアルゴリズム1,2」,「プログラミング方法論1,2」の履修を前提にして講義を行う.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 構造化や抽象化などの種々のプログラミング言語に共通の概念や機能を習得することと,ソフトウェアの開発を行う能力の獲得を目標とする.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) XMLの位置付け  
[継承]
2.(英)   (日) XMLの基本構成  
[継承]
3.(英)   (日) 基本的なXMLインスタンスの作成  
[継承]
4.(英)   (日) DTDを用いた文書の構造化  
[継承]
5.(英)   (日) XMLスキーマ  
[継承]
6.(英)   (日) 中間試験  
[継承]
7.(英)   (日) XLinkとXPointer  
[継承]
8.(英)   (日) XSLによる文書表示  
[継承]
9.(英)   (日) Java, DOM/SAXを用いたプログラミングの基本  
[継承]
10.(英)   (日) Java, DOM/SAXを用いたプログラミング演習  
[継承]
11.(英)   (日) 半構造化文書のデザイン演習  
[継承]
12.(英)   (日) オブジェクト指向言語  
[継承]
13.(英)   (日) Squeakの概要  
[継承]
14.(英)   (日) Squeak eToys  
[継承]
15.(英)   (日) Squeak eToysを用いたプログラミング  
[継承]
16.(英)   (日) 期末試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 成績の評価は,中間試験と定期試験の得点だけでなく,レポートも加味する. レポートは20点,中間試験40点,期末試験40点とする.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 特に指定しない. ノートを中心に行い,適時資料を配付する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 標準XML完全解説(上)(下):中山 幹敏 (著), 奥井 康弘 (著) (2001年) 技術評論社   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.緒方 広明
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 特になし.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/プログラミングシステム)
            →閲覧 【授業概要】(2007/プログラミングシステム)
                →閲覧 【授業概要】(2006/プログラミングシステム)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/プログラミングシステム) 閲覧 【授業概要】(2009/プログラミングシステム) 閲覧 【授業概要】(2010/プログラミングシステム)

標準的な表示

和文冊子 ● プログラミングシステム / Programming Systems
欧文冊子 ● Programming Systems / プログラミングシステム

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(11)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.84, Max(EID) = 362802, Max(EOID) = 970669.