『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=181683)

EID=181683EID:181683, Map:[2008/微生物応用工学], LastModified:2008年12月11日(木) 22:24:39, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[勢川 智美], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Applied Microbiology (日) 微生物応用工学 (読) びせいぶつおうようこうがく
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.間世田 英明
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 微生物工業の歴史,現状及び将来について解説するとともに,微生物の生理代謝機能が人間生活に必要な物質生産と処理に関して,どのように利用されるかについて理解することを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 微生物応用工学の歴史,発酵工学基礎,発酵食品工学,食品貯蔵工学.微生物生産·処理工学について講述する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 微生物 (読) びせいぶつ [継承]
2. (英) (日) 醗酵 (読) はっこう [継承]
先行科目 (推奨): 1.生物化学工学 ([2009/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/生物化学工学])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.有機化学1 ([2009/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2009/有機化学1])
関連度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.微生物工学 ([2009/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/微生物工学])
関連度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
3.生化学1 ([2009/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/生化学1])
関連度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) 有機化学1及び化学工学2の履修を前提にして講義を行う.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 講義の単元(1-4,6-9,11-14)が終わる毎に演習,レポート3回および中間試験3回を実施するので,毎回の予習復習は欠かさずに行うこと.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 発酵工学を理解する.  
[継承]
2.(英)   (日) 微生物生産·を理解する.  
[継承]
3.(英)   (日) 処理工学・食糧貯蔵工学を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 微生物工学の歴史  
[継承]
2.(英)   (日) 発酵工学1(主に有機酸)  
[継承]
3.(英)   (日) 発酵工学2(主にアミノ酸)  
[継承]
4.(英)   (日) 発酵工学3(アルコール飲料)  
[継承]
5.(英)   (日) 発酵工学4(醸造食品・飼料用微生物)  
[継承]
6.(英)   (日) 中間試験1(目標1の40%を評価),レポート1(目標1の30%を評価)  
[継承]
7.(英)   (日) 発酵生産1(有機酸)  
[継承]
8.(英)   (日) 発酵生産2(アミノ酸・核酸)  
[継承]
9.(英)   (日) 発酵生産3(生理活性物質)  
[継承]
10.(英)   (日) 中間試験2(目標2の40%を評価),レポート2(目標2の30%を評価)  
[継承]
11.(英)   (日) 処理工学1(物質の循環と廃水処理)  
[継承]
12.(英)   (日) 処理工学2(汚染物質の微生物分解)  
[継承]
13.(英)   (日) 処理工学3(食品の腐敗と保存)  
[継承]
14.(英)   (日) 中間試験3(目標3の40%を評価)レポート3(目標3の30%を評価)  
[継承]
15.(英)   (日) 期末試験(各到達目標全ての30%を評価)  
[継承]
16.(英)   (日) 期末試験の解説とまとめ  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席率80%以上で,到達目標3項目が各々60%以上達成されている場合をもって合格とする.達成度は中間試験3回(40%),レポート3回(30%),期末試験1回(30%)で評価する   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) .  (日) .   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 村尾澤夫他著「応用微生物学」培風館   [継承]
2.(英)   (日) 高麗寛紀 他著「微生物制御工学」講談社サイエンティフィク   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.間世田 英明
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 原則として再試験は実施しない   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/微生物応用工学)
            →閲覧 【授業概要】(2007/微生物応用工学)
                →閲覧 【授業概要】(2006/微生物応用工学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/微生物応用工学) 閲覧 【授業概要】(2009/微生物応用工学)   閲覧 【授業概要】(2010/微生物応用工学)
閲覧 【授業概要】(2009/微生物応用工学)
閲覧 【授業概要】(2008/微生物応用工学)

標準的な表示

和文冊子 ● 微生物応用工学 / Applied Microbiology
欧文冊子 ● Applied Microbiology / 微生物応用工学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(3)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(4)
Number of session users = 0, LA = 2.00, Max(EID) = 361611, Max(EOID) = 967818.