『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=181643)

EID=181643EID:181643, Map:[2008/土の力学2], LastModified:2008年12月11日(木) 22:23:27, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Soil Mechanics 2 (日) 土の力学2 (読) つちのりきがく
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.上野 勝利 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 構造物を支える地盤を構成する``土''の力学,特に変形と強度に関係する圧密現象とせん断の基礎を知ることがこの講義の目的である.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 土の物理特性の定義と意味についてまず復習し,演習を行なって土質力学2 を学ぶための導入を行なう.圧密については,まず概要を説明し,圧密に関する諸定数の定義について講義し,演習では圧密沈下量の計算を行なう.最後に土のせん断と安定問題,せん断強度についての概要を説明する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) consolidation (日) 圧密 (読) あつみつ [継承]
2. (英) shear (日) せん断 (読) せん [継承]
3. (英) failure criteria (日) 破壊規準 (読) [継承]
4. (英) internal friction angle (日) 内部摩擦角 (読) ないぶまさつかく [継承]
5. (英) cohesion (日) 粘着力 (読) ねんちゃくりょく [継承]
6. (英) Mohr's stress circle (日) モールの応力円 (読) モールのおうりょくえん [継承]
先行科目 (推奨): 1.土の力学1 ([2009/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/土の力学1])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.地盤工学 ([2009/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/[2009/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/地盤工学])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) 土の力学1 を履修していること.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 2回の小テストを行うので,必ず出席すること.特段の理由無く小テストを欠席した者に対し,単位の認定は行わない.また演習を積極的に行ない,授業内容の理解に務めること.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 土の圧密現象と標準圧密試験について理解していること.  
[継承]
2.(英)   (日) 土のせん断変形特性とせん断試験について理解していること  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 講義ガイダンス--土の圧密現象,せん断破壊と問題の所在---  
[継承]
2.(英)   (日) 全応力,有効応力,間隙水圧,過剰間隙水圧  
[継承]
3.(英)   (日) サンプリングとサウンディング  
[継承]
4.(英)   (日) 標準圧密試験と圧密で用いる諸定数の概念  
[継承]
5.(英)   (日) 間隙比-log(p) 関係と沈下,正規圧密粘土と過圧密粘土,圧密降伏応力  
[継承]
6.(英)   (日) 圧密沈下に関する諸定数と沈下予測(その1)  
[継承]
7.(英)   (日) 圧密沈下に関する諸定数と沈下予測(その2)  
[継承]
8.(英)   (日) 目標1に対する小テスト  
[継承]
9.(英)   (日) 土のせん断変形と一面せん断試験  
[継承]
10.(英)   (日) モールの応力円と用極法  
[継承]
11.(英)   (日) モール·クーロンの破壊規準,破壊包絡線  
[継承]
12.(英)   (日) 一軸圧縮試験,三軸圧縮試験  
[継承]
13.(英)   (日) 土の応力-ひずみ-ダイレイタンシ特性,排水条件  
[継承]
14.(英)   (日) 応力経路,応力履歴  
[継承]
15.(英)   (日) 施工過程と応力経路  
[継承]
16.(英)   (日) 目標2に対する小テスト  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 2/3を超える出席がなければ履修したと認められない.1つの到達目標に対し,試験とレポートを科す.テストの成績を80%,レポートを20%の割合で100点満点に換算し,それぞれの到達目標に対して60点以上を合格とする.到達目標の割合は,1(50%),2(50%)である.   [継承]
再評価 (不用): (英)   (日) 当該年度中に再評価は行わない.次年度再履修する事.   [継承]
JABEE合格 (不用): (英)   (日) 成績評価と同一とする.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 石井義明他「最新土質工学」朝倉書店   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 地盤工学会編入門シリーズ「地盤工学数式入門」地盤工学会   [継承]
2.(英)   (日) 地盤工学会編「土質工学用語辞典」地盤工学会   [継承]
3.(英)   (日) 河上房義「土質力学」森北出版   [継承]
URL (任意): http://www.ce.tokushima-u.ac.jp/lectures/N0010 [継承]
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/土の力学2)
            →閲覧 【授業概要】(2007/土の力学2)
                →閲覧 【授業概要】(2006/土の力学2)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/土の力学2) 閲覧 【授業概要】(2009/土の力学2) 閲覧 【授業概要】(2010/土の力学2)

標準的な表示

和文冊子 ● 土の力学2 / Soil Mechanics 2
欧文冊子 ● Soil Mechanics 2 / 土の力学2

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(6)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.77, Max(EID) = 376549, Max(EOID) = 1008437.