『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=181570)

EID=181570EID:181570, Map:[2009/コンピュータ入門1], LastModified:2008年12月18日(木) 16:25:04, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Introduction to Computer 1 (日) コンピュータ入門1 (読) コンピュータにゅうもん
[継承]
形態 (不用): 1.講義および演習 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.柘植 覚
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) UNIXを中心とした基礎的なコンピュータリテラシを,十分な実習時間をかけて修得させる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 本講議では,UNIXと同等のオペレーションシステム (OS)であるLinuxを用いてコンピュータリテラシや様々なツールの使用方法を学習する.Linuxはマルチユーザ・マルチタスクのフリーOSであり,多くのサーバやPCなどで使用されている.また,C言語とのインターフェースが良く,各種コンパイラ,テキスト処理ツールも豊富に用意されている. また,インターネットとの親和性にも優れ,電子メイル,WWW など,多くのネットワークサービスに対する信頼されたサーバとして全世界で稼働している.講義内容は,Linuxを学習することによりUNIXの伝統や哲学を理解し,現在のインターネット環境をふまえたセキュリティ概念を学習する.その後,ファイルシステムやディレクトリ構造を理解し,UNIX コマンドを実習する.これらの学習を通して,各自がUNIX の各ツールを使いこなし,テキスト処理やプログラミングを効率よく行えるようになることを目指す.実習を中心とした講義展開を行なう.   [継承]
キーワード (推奨): 1.コンピュータリテラシー (computer literacy) [継承]
2.UNIX (UNIX) [継承]
3.C言語 (C language/->キーワード[C言語]) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.コンピュータ入門2 ([2009/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2008/コンピュータ入門2])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) 特になし   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 情報倫理と情報セキュリティの理解,実践  
[継承]
2.(英)   (日) 基本的なコンピュータによる読み書き纂法の修得  
[継承]
3.(英)   (日) プログラムの作成と実行まで,コンピュータシステム内での振る舞いを意識しながらの理解  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) コンピュータ,インターネットの利用と情報倫理  
[継承]
2.(英)   (日) ログイン,エディタ,ウインドマネージャの使用方法  
[継承]
3.(英)   (日) 電子メイルの使用方法・インターネットアクセスの方法  
[継承]
4.(英)   (日) 情報処理基礎知識  
[継承]
5.(英)   (日) ファイルとディレクトリ操作  
[継承]
6.(英)   (日) ファイルの検索  
[継承]
7.(英)   (日) ファイル内の情報検索  
[継承]
8.(英)   (日) 確認テスト(中間テスト)  
[継承]
9.(英)   (日) データのアーカイブ・圧縮  
[継承]
10.(英)   (日) グラフ作成ツール(gnuplot)・画像の作成ツール(tgif)の使用方法  
[継承]
11.(英)   (日) 文書作成ツール(TeX)の使用方法  
[継承]
12.(英)   (日) プレゼンテーションツールなどの使用方法  
[継承]
13.(英)   (日) C言語入門(ソースコード作成からコンパイル)  
[継承]
14.(英)   (日) C言語入門(制御文)  
[継承]
15.(英)   (日) オンライン模擬試験  
[継承]
16.(英)   (日) オンライン単位認定試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 課題を毎回出題する.試験と課題の達成状況を総合的に判断して評価する.平常点と試験の比率は5:5とする.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 利用の手引き(価格未定)   [継承]
2.(英)   (日) 柴田望洋,定本明解C言語入門編,ソフトバンク出版   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 坂本 文「たのしいUNIX」アスキー出版   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.柘植 覚
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2009/コンピュータ入門1)
            →閲覧 【授業概要】(2008/コンピュータ入門1)
                →閲覧 【授業概要】(2007/コンピュータ入門1)
                    →閲覧 【授業概要】(2006/コンピュータ入門1)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2009/コンピュータ入門1) 閲覧 【授業概要】(2009/コンピュータ入門1)   ←(なし)
閲覧 【授業概要】(2010/コンピュータ入門1)
閲覧 【授業概要】(2009/コンピュータ入門1)
閲覧 【授業概要】(2009/コンピュータ入門1)
閲覧 【授業概要】(2009/コンピュータ入門1)
閲覧 【授業概要】(2009/コンピュータ入門1)

標準的な表示

和文冊子 ● コンピュータ入門1 / Introduction to Computer 1
欧文冊子 ● Introduction to Computer 1 / コンピュータ入門1

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.22, Max(EID) = 361546, Max(EOID) = 967713.