『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=171467)

EID=171467EID:171467, Map:0, LastModified:2008年1月28日(月) 20:04:16, Operator:[石田 竜弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 全学共通教育 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Humanity and Life (日) 人間と生命 (読) にんげんとせいめい
題目 (必須): (英) Optimization on drug treatment for clinical care (日) ゼミナール「薬物治療の最適化 ∼その概念と方法∼」 (読) やくぶつちりょうのさいてきか そのがいねんとほうほう [継承]
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育] [継承]
担当教員 (必須): 1.石田 竜弘 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.薬物動態制御学]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.連携研究部門(薬学域).寄附講座系(薬学域).がん細胞と代謝学]/[徳島大学.産業院])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 薬効獲得のため,薬剤の体内動態の理解と制御がいかに重要であるか理解する. 最新の薬物動態制御法について理解する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) がんやHIV感染など,一昔前には不治の病と言われ,その治療のために患者の日常生活が奪われていたような疾患でも,昨今では多くの場合比較的長期にわたって「日常」の生活を送ることができるようになってきている.これは,医療の進歩によるところが大であるが,実体は効果の高い薬剤が開発され,それを的確に使用しているからに他ならない.本講義では,薬剤投与後の体内動態に着目し,その最適なコントロールがいかに薬効獲得に需要であるかについて示し,学生諸君の理解を深めたいと考えている.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) drug therapy (日) 薬物治療 (読) やくぶつちりょう [継承]
2. (英) pharmacokinetics (日) 薬物動態学 (読) やくぶつどうたいがく [継承]
3. (英) pharmacodynamics (日) 薬力学 (読) やくりきがく [継承]
4. (英) drug delivery system (日) ドラッグデリバリーシステム (読) [継承]
5. (英) nanotechnology (日) ナノテクノロジー (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 薬物の体内動態制御の重要性を理解する  
[継承]
2.(英)   (日) 服薬遵守(コンプライアンス)の重要性を理解する  
[継承]
3.(英)   (日) DDSのinovationについて知る.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) イントロダクション  
[継承]
2.(英)   (日) 薬剤の投与法  
[継承]
3.(英)   (日) 薬剤の体内動態 1  
[継承]
4.(英)   (日) 薬剤の体内動態 2  
[継承]
5.(英)   (日) 薬剤の体内動態 3  
[継承]
6.(英)   (日) 薬物治療の現状 1.癌化学療法  
[継承]
7.(英)   (日) 薬物治療の現状 2.癌化学療法  
[継承]
8.(英)   (日) 薬物治療の現状 3.癌化学療法  
[継承]
9.(英)   (日) 薬物治療の現状 4.癌化学療法  
[継承]
10.(英)   (日) 薬物治療の現状 5.HIV  
[継承]
11.(英)   (日) 薬物治療の現状 6.HIV  
[継承]
12.(英)   (日) Drug Delivery System 1  
[継承]
13.(英)   (日) Drug Delivery System 2  
[継承]
14.(英)   (日) Drug Delivery System 3  
[継承]
15.(英)   (日) Drug Delivery System 4  
[継承]
16.(英)   (日) 試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席,最終試験のスコア,および適宜指示するレポートなどにより総合的に判定します.   [継承]
再評価 (必須):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 特に指定しません.随時プリントなどを配布します.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.石田 竜弘 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.薬物動態制御学]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.連携研究部門(薬学域).寄附講座系(薬学域).がん細胞と代謝学]/[徳島大学.産業院])
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 随時連絡下さい   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 人間と生命 / Humanity and Life --- ゼミナール「薬物治療の最適化 ∼その概念と方法∼」 / Optimization on drug treatment for clinical care
欧文冊子 ● Humanity and Life / 人間と生命 --- Optimization on drug treatment for clinical care / ゼミナール「薬物治療の最適化 ∼その概念と方法∼」

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 6, LA = 2.69, Max(EID) = 378020, Max(EOID) = 1011501.