『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=171402)

EID=171402EID:171402, Map:0, LastModified:2008年1月24日(木) 20:21:33, Operator:[辻 大輔], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 全学共通教育 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Science and Technology (日) 自然と技術 (読) しぜんとぎじゅつ
題目 (必須): (英) Introduction to Biotechnology (日) ゼミナール「バイオテクノロジー入門」 (読) [継承]
[継承]
形態 (推奨):
コース (必須): 1.2008/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育] [継承]
担当教員 (必須): 1.辻 大輔 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.統合医薬創製科学系.創薬生命工学])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) ポストゲノム時代に入り,個人の遺伝情報を基盤にしたゲノム創薬やテイラーメイド医薬,また幹細胞を利用する再生医療を指向した研究が急速に発展しつつある.これらは近年のバイオテクノロジー(生物工学)分野の技術発達と並行している.本ゼミナールでは,バイオテクノロジー分野の現状を踏まえつつ,その課題や可能性について理解することを目的とする.また遺伝子操作技術の基礎的知識を得るとともに,基本操作を見学体験する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) まずバイオテクノロジー分野の基礎について概説する.次に遺伝子工学,タンパク質工学,細胞工学に基づいた治療法や最新の技術について解説する.また生物工学の基本原理を講義するとともに,薬科学教育部附属医薬資源教育研究センター創薬生命工学分野研究室にて,基本操作を見学体験してもらう.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) バイオテクノロジー (読) ばいおてくのろじー [継承]
2. (英) (日) 生物工学 (読) せいぶつこうがく [継承]
3. (英) (日) 遺伝子工学 (読) いでんしこうがく [継承]
4. (英) (日) タンパク質工学 (読) たんぱくしつこうがく [継承]
5. (英) (日) 細胞工学 (読) さいぼうこうがく [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) バイオテクノロジー分野の基礎を理解し,遺伝子操作技術の基礎的知識を得るとともに,基本操作を見学体験する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) バイオテクノロジーとは?  
[継承]
2.(英)   (日) 遺伝子工学(PCR技術など)について  
[継承]
3.(英)   (日) タンパク質工学(組換えタンパクなど)について  
[継承]
4.(英)   (日) 細胞工学(iPS細胞など)について  
[継承]
5.(英)   (日) 疾患への応用について  
[継承]
6.(英)   (日) 遺伝子工学体験学習1 (プラスミドDNAによる大腸菌の形質転換)  
[継承]
7.(英)   (日) 遺伝子工学体験学習2 (形質転換大腸菌からのプラスミドDNAの単離)  
[継承]
8.(英)   (日) 遺伝子工学体験学習3 (制限酵素によるDNA解析)  
[継承]
9.(英)   (日) 遺伝子工学体験学習4 (ゲル電気泳動法によるDNA解析)  
[継承]
10.(英)   (日) 遺伝子工学体験学習5 (PCR法によるDNA増幅)  
[継承]
11.(英)   (日) グループ討論(遺伝子工学)  
[継承]
12.(英) ( )  (日) グループ討論(タンパク質工学)  
[継承]
13.(英)   (日) グループ討論(細胞工学)  
[継承]
14.(英)   (日) グループ討論(体験学習)  
[継承]
15.(英)   (日) 総括  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) レポート,学習状況などを総合的に評価し,判定する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) なし   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書は特に指定しない.プリントなどの資料を準備するが,参考書などについては適宜,指示する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 適宜必要参考資料を配布する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.辻 大輔 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.統合医薬創製科学系.創薬生命工学])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) バイオ医療に興味のある学生さんを歓迎します.   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 自然と技術 / Science and Technology --- ゼミナール「バイオテクノロジー入門」 / Introduction to Biotechnology
欧文冊子 ● Science and Technology / 自然と技術 --- Introduction to Biotechnology / ゼミナール「バイオテクノロジー入門」

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 1, LA = 1.02, Max(EID) = 377734, Max(EOID) = 1010876.