『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=171258)

EID=171258EID:171258, Map:0, LastModified:2011年4月11日(月) 15:40:54, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 栄養生命科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 栄養治療学特別実験 (読) えいようちりょうがくとくべつじっけん
[継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.栄養生命科学教育部.人間栄養科学専攻]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.武田 英二
肩書 (任意):
役割 (任意): 授業責任者 [継承]
[継承]
2.竹谷 豊 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.栄養科学部門.医科栄養学系.臨床食管理学])
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
単位 (必須): 12 [継承]
目的 (必須):
概要 (必須): (英)   (日) 種々栄養素の機能を,様々な病態や環境下で与えたときの栄養代謝動態,ホルモン動態を,動物を用いて評価実験する.特に生活習慣病モデル動物や栄養不良動物を中心に評価・実験を行い原理や手法について理解させる.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
授業方法 (推奨): 1.(英)   (日) オムニバス方式   [継承]
注意 (推奨):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 正常および糖尿病モデル動物を用いて,栄養代謝を実験をとおして理解する.そのうえで,糖尿病に対する予防及び治療に対する栄養療法の意義及び問題点を理解させる.  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 武田教授   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 栄養疾患モデル動物を用いて,栄養素代謝調節機構について実験を行い理解させる.そのうえで,栄養障害に対する予防および栄養療法の意義と評価方法について研究させる.  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 竹谷助教授   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
評価 (推奨): (英)   (日) 実験実習への出席状況により判定する   [継承]
再評価 (推奨): (英)   (日) なし   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意):

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2008/栄養治療学特別実験) 閲覧 【授業概要】(2009/栄養治療学特別実験)

標準的な表示

和文冊子 ● 栄養治療学特別実験 / 栄養治療学特別実験
欧文冊子 ● 栄養治療学特別実験 / 栄養治療学特別実験

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.21, Max(EID) = 367643, Max(EOID) = 984263.