『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=171119)

EID=171119EID:171119, Map:0, LastModified:2011年4月11日(月) 18:12:31, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 医科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Protein Information (日) 蛋白情報学 (読) たんぱくじょうほうがく
[継承]
形態 (必須): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2008/[プロテオミクス医科学専攻]/[博士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.原 英二
肩書 (任意):
役割 (任意): 授業責任者 [継承]
[継承]
2.大谷 直子
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 発癌の原因である細胞周期制御異常の分子メカニズムを正しく理解する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 細胞分裂の正確な遂行は生命維持の必須条件であり,その異常は癌などの様々な疾患の原因となっている.発癌の分子メカニズムを理解するために,先ず,哺乳動物細胞の細胞周期制御の基本骨格に関して解説する.特に細胞周期チックポイント機構に関して詳しく講義し,その破綻が発癌へと至るメカニズムについて解説する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
授業方法 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) 講義は e-learning 化していない.また,講義は適時,学外講師によるセミナーにて置き換えられることがある.   [継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 細胞周期調節機構の概論  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 原 英二   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 細胞周期調節機構の各論1  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 原 英二   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) 細胞周期調節機構の各論2  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 原 英二   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) 細胞周期調節機構の各論3  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 原 英二   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) 細胞周期調節機構の各論4  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 原 英二   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) 細胞周期調節機構の各論5  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 原 英二   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) 細胞周期調節機構の各論6  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 原 英二   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
8.(英)   (日) 発癌分子機構の概論  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 大谷直子   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
9.(英)   (日) 発癌分子機構の各論1  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 大谷直子   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
10.(英)   (日) 発癌分子機構の各論2  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 大谷直子   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
11.(英)   (日) 発癌分子機構の各論3  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 大谷直子   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
12.(英)   (日) 発癌分子機構の各論4  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 大谷直子   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
13.(英)   (日) 発癌分子機構の各論5  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 大谷直子   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
14.(英)   (日) 発癌分子機構の各論6  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 大谷直子   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
15.(英)   (日) 発癌分子機構の各論7  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 大谷直子   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 受講状況と授業内容の理解の程度に応じて評価する.   [継承]
再評価 (任意): (英)   (日) 行わない.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.原 英二
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 月曜日の16:00∼18:00 (e-mail により時間調節を適宜おこないます)   [継承]
[継承]
2. (英) (日) 他の教員についても, e-mail にて時間調節の上,面談して下さい. (読)
オフィスアワー (推奨):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 講義/セミナーの日時は前もって連絡,掲示します.   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2008/蛋白情報学) 閲覧 【授業概要】(2009/蛋白情報学)

標準的な表示

和文冊子 ● 蛋白情報学 / Protein Information
欧文冊子 ● Protein Information / 蛋白情報学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.04, Max(EID) = 366735, Max(EOID) = 982369.