『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=171101)

EID=171101EID:171101, Map:0, LastModified:2011年4月11日(月) 18:12:22, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 医科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Practice of Microbial Proteomics (日) 微生物プロテオミクス演習 (読) びせいぶつプロテオミクスえんしゅう
[継承]
形態 (必須): 1.演習 [継承]
コース (必須): 1.2008/[プロテオミクス医科学専攻]/[博士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.桑原 知巳
肩書 (任意):
役割 (任意): 授業責任者 [継承]
[継承]
2.片岡 佳子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.医用検査学系.微生物・遺伝子解析学])
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
単位 (必須): 4 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 宿主微生物間の相互作用を解明するための基本的実験法の原理を理解する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 微生物,特にヒトの生命活動に密接に関与する常在菌叢と宿主との共生関係についての分子基盤を解明するためのプロテオミクス研究について理解を深める.いくつかの代表的論文を抄読し,仮説や研究計画の立案の仕方およびその実証方法について総括的に学習する.細菌の培養法や染色法,また,腸内菌の分離同定法など,宿主微生物間相互作用の研究に必要な基本的手技を十分に理解し,習熟するための演習を行う.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
授業方法 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) e-learningは実施していない.   [継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 授業ガイダンス+微生物プロテオミクス演習序論  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 桑原知巳   [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
2.(英)   (日) ヒト常在菌叢の構成と機能  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 片岡佳子   [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
3.(英)   (日) 選択的細菌分離法  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 片岡佳子   [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
4.(英)   (日) 分子遺伝学的菌叢解析  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 桑原知巳   [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
5.(英)   (日) 16S rDNA塩基配列にもとづく分子進化系統樹の作成法  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 桑原知巳   [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
6.(英)   (日) T-RFLP法の原理とその応用  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 片岡佳子   [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
7.(英)   (日) プレバイオティクスとプロバイオティクス  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 片岡佳子   [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
8.(英)   (日) 16S rDNAライブラリー解析による菌叢解析  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 桑原知巳   [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
9.(英)   (日) 細菌ゲノムの多様性と進化  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 桑原知巳   [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
10.(英)   (日) 細菌研究におけるタンパク質二次元電気泳動法  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 桑原知巳   [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
11.(英)   (日) 腸内菌叢の代謝活性  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 片岡佳子   [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
12.(英)   (日) 菌叢解析におけるバイオインフォマティクスの重要性  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 桑原知巳   [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
13.(英)   (日) ショットガンシークエンス法の原理  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 桑原知巳   [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
14.(英)   (日) 安定同位元素を用いた難培養性細菌のゲノム解析  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 桑原知巳   [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
15.(英)   (日) 微生物プロテオミクス学におけるデータベース活用の実際  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 桑原知巳   [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席状況とレポート等により評価する.   [継承]
再評価 (任意):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.桑原 知巳
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 月曜日の17:00∼18:00 (e-mailにより時間調整を適宜行います.)   [継承]
[継承]
2. (英) (日) 他の教員についても,e-mailにて時間調整の上,面談して下さい. (読)
オフィスアワー (推奨):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2008/微生物プロテオミクス演習) 閲覧 【授業概要】(2009/微生物プロテオミクス演習)

標準的な表示

和文冊子 ● 微生物プロテオミクス演習 / Practice of Microbial Proteomics
欧文冊子 ● Practice of Microbial Proteomics / 微生物プロテオミクス演習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.81, Max(EID) = 366222, Max(EOID) = 980861.