『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=171001)

EID=171001EID:171001, Map:0, LastModified:2011年4月9日(土) 22:00:00, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 薬科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Pharmaceutical Health Chemistry (日) 衛生化学特論 (読) えいせいかがくとくろん
[継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.薬科学教育部.医療生命薬学専攻]/生命薬学コース/[博士前期課程] [継承]
2.2008/[徳島大学.薬科学教育部.医療生命薬学専攻]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.德村 彰
肩書 (任意):
役割 (必須): 授業責任者 [継承]
[継承]
2.田中 保 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.食料科学系.食料科学分野])
肩書 (任意):
役割 (必須):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 衛生薬学分野で最近注目を集めている話題として,1)酸化ストレスが生体におよぼす障害と,2)生体内におけるリン脂質の役割の二つを採りあげ,概説する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 酸化ストレスと関連疾患,活性酸素によるリン脂質の酸化変性と疾患との係り,リン脂質の構造と機能およびその代謝異常と疾患との関連などについて,基礎から最新の研究にわたる内容を,生化学,分子生物学,病態生理学など様々な視点から講義する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) 後日,講義の日程と場所を通知します.   [継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 酸化ストレス(1)  
内容 (任意): 1.(英)   (日) 活性酸素,抗酸化剤と抗酸化酵素,酸化ストレスによる遺伝子発現とレドックス制御   [継承]
担当者 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 酸化ストレス(2)  
内容 (任意): 1.(英)   (日) 酸化ストレスと細胞障害,活性酸素と疾患   [継承]
担当者 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) リン脂質(1)  
内容 (任意): 1.(英)   (日) 生体膜リン脂質代謝の異常と生活習慣病   [継承]
担当者 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) リン脂質(2)  
内容 (任意): 1.(英)   (日) リン脂質によるシグナル伝達機構と細胞活性化   [継承]
担当者 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) 酸化ストレスとリン脂質・・・活性酸素によるリン脂質の酸化変性と炎症性疾患  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席,レポート及び受講態度を総合して評価します.(再試験) なし   [継承]
教科書 (必須):
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 講義時に資料を配布し,参考書を紹介します.   [継承]
2.(英)   (日) 平成21年度後期開講   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2008/衛生化学特論) 閲覧 【授業概要】(2009/衛生化学特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 衛生化学特論 / Pharmaceutical Health Chemistry
欧文冊子 ● Pharmaceutical Health Chemistry / 衛生化学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(4)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.48, Max(EID) = 383263, Max(EOID) = 1024353.