『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=170990)

EID=170990EID:170990, Map:0, LastModified:2011年4月7日(木) 22:49:59, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 薬科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Special Lecture for Medicinal Biotechnology (日) 環境生物工学特論 (読) かんきょうせいぶつこうがくとくろん
[継承]
コース (必須): 1.2008/[創薬科学専攻]/[博士前期課程] [継承]
2.2008/[創薬科学専攻]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.伊藤 孝司 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.統合医薬創製科学系.創薬生命工学])
肩書 (任意):
役割 (必須): 授業責任者 [継承]
[継承]
2.非常勤講師 ([教職員.教員]/[非常勤])
肩書 (任意):
役割 (必須):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) ポストゲノム時代における生命科学を基盤とした疾患の治療薬開発のための,新しいアプローチを紹介し,21世紀の創薬を担う研究者の視点を養うことを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) ヒトゲノムDNAの全塩基配列の解読が完了し,ゲノム情報を利用して,ファンクショナルゲノミクス,プロテオミクス,グライコミクス,メタボロミクスなどの新しい生命科学分野が発展している.本講義では,疾患の発症・進展メカニズムの研究について解説するとともに,ゲノム創薬をはじめ,細胞工学,抗体工学,RNA工学,糖鎖工学,再生工学などの先端技術による医薬品および治療法開発への応用に関するトピックスを講述する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) 毎週月曜日第6講時(18:15∼19:45)に講義を行う.該当日に出席できない場合はレポート提出等で出席を考慮する.   [継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 授業ガイダンス+環境生物工学序論  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 伊藤 孝司   [継承]
[継承]
2.(英)   (日) 糖鎖生物学と疾患1  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 伊藤 孝司   [継承]
[継承]
3.(英)   (日) 糖鎖生物学と疾患2  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 外部講師   [継承]
[継承]
4.(英)   (日) グライコミクスとその応用1  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 外部講師   [継承]
[継承]
5.(英)   (日) グライコミクスとその応用2  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 外部講師   [継承]
[継承]
6.(英)   (日) グライコテクノロジーとその応用  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 外部講師   [継承]
[継承]
7.(英)   (日) ペプチド・タンパク質工学とその応用  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 外部講師   [継承]
[継承]
8.(英)   (日) 脂質生物学と疾患  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 外部講師   [継承]
[継承]
9.(英)   (日) 幹細胞生物学の最近の進歩  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 伊藤 孝司   [継承]
[継承]
10.(英)   (日) 幹細胞生物学と再生治療  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 外部講師   [継承]
[継承]
11.(英)   (日) 幹細胞工学と再生医療への応用  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 伊藤 孝司   [継承]
[継承]
12.(英)   (日) がんのプロテオミクス  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 伊藤 孝司   [継承]
[継承]
13.(英)   (日) がんの生物学と治療  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 外部講師   [継承]
[継承]
14.(英)   (日) 抗がん剤開発の現状  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 外部講師   [継承]
[継承]
15.(英)   (日) 組換え医薬品開発と現状  
内容 (任意):
担当者 (任意): (英)   (日) 外部講師   [継承]
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席状況とレポートにより評価する.   [継承]
教科書 (必須):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.伊藤 孝司 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.統合医薬創製科学系.創薬生命工学])
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 特に指定しない.質問等はメールで受付け,必要があれば伊藤(担当責任者)が面談する.   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 平成20年度前期開講   [継承]
2.(英)   (日) 随時講義資料としてプリントを配布する.   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2008/環境生物工学特論) 閲覧 【授業概要】(2009/環境生物工学特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 環境生物工学特論 / Special Lecture for Medicinal Biotechnology
欧文冊子 ● Special Lecture for Medicinal Biotechnology / 環境生物工学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(4)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 1, LA = 1.96, Max(EID) = 367572, Max(EOID) = 984099.