『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=170989)

EID=170989EID:170989, Map:0, LastModified:2011年4月6日(水) 18:22:10, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 薬科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Marine Natural Products as Drug Resources (日) 海洋環境資源学特論 (読) かいようかんきょうしげんがくとくろん
[継承]
コース (必須): 1.2008/[創薬科学専攻]/[博士前期課程] [継承]
2.2008/[創薬科学専攻]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.大井 高 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.総合薬学教育学系.総合薬学研究推進学])
肩書 (任意):
役割 (必須): 授業責任者 [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 日常生活では目に触れることがない珍しい海洋生物が,実はこれまで人類が遭遇したことがない物質を生産していること,それらの多くが医薬のリード化合物として有望であることを理解する.また,それら化合物の構造決定方について理解する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 生薬,漢方薬を始めとする伝承薬は,数千年にわたる人間の生活から生まれたもので,主として陸上動植物を利用している.一方,海洋生物と人類との関わりはわずか数十年であり,海洋生物が医薬として用いられた例は皆無といって良い.この授業では海洋生物の代謝物について講義し,それらがどのような薬理活性を持ちどのような薬として利用される可能性があるかについて説明する. あわせてそれら化合物の構造決定に有効な2D-NMRなど最新の機器分析法について説明する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) 初歩的な有機化学と器機分析の基礎を理解しておく必要がある.e-learningは行わない   [継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 海洋天然物化学の歴史  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 海洋生物の分類  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) 海洋生物の代謝産物を化合物群に分ける  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) 海藻から得られる薬理活性化合物  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) 海洋軟体動物が生産する薬理活性化合物  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) フグ毒テトロドトキシンについて  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) 微細藻が生産する猛毒シガトキシンなど  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
8.(英)   (日) 水圏生物の間で取り交わされる情報物質-I-  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
9.(英)   (日) 水圏生物の間で取り交わされる情報物質-II-  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
10.(英)   (日) 複雑な海洋天然物の構造決定について-最新のNMR-  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
11.(英)   (日) 複雑な海洋天然物の構造決定について-絶対配置とは-  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
12.(英)   (日) 複雑な海洋天然物の構造決定について-X解析-  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
13.(英)   (日) 医薬シード化合物としての海洋天然物-I-  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
14.(英)   (日) 医薬シード化合物としての海洋天然物-II-  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
15.(英)   (日) 医薬シード化合物としての海洋天然物-III-  
内容 (任意):
担当者 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席状況と小テストまたはレポート等により評価する.   [継承]
教科書 (必須):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.大井 高 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.総合薬学教育学系.総合薬学研究推進学])
オフィスアワー (推奨):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 平成20年度前期開講   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2008/海洋環境資源学特論) 閲覧 【授業概要】(2009/海洋環境資源学特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 海洋環境資源学特論 / Marine Natural Products as Drug Resources
欧文冊子 ● Marine Natural Products as Drug Resources / 海洋環境資源学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(4)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 1, LA = 1.93, Max(EID) = 367572, Max(EOID) = 984099.