『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=170889)

EID=170889EID:170889, Map:0, LastModified:2011年4月7日(木) 19:42:48, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.口腔科学教育部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 口腔科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Oral Molecular Pathology Seminar (日) 口腔分子病態学演習 (読) こうくうぶんしびょうたいがくえんしゅう
[継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻]/[博士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.林 良夫
肩書 (任意):
役割 (任意): 授業責任者 [継承]
[継承]
2.石丸 直澄 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 口腔領域の難治性自己免疫疾患(シェーグレン症候群,ベーチェット病など),老化に伴う免疫不全・唾液分泌障害などの病因・病態および治療法の開発について最新の学術論文の理解と実験データの解析をとうして研究方法を会得させる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 難治性自己免疫疾患(シェーグレン症候群,ベーチェット病など),老化に伴う免疫不全・唾液分泌障害などの病因・病態について最新の文献を学生に抄読させ,実験計画や研究の進め方を指導する.また,実験データに基づき新たな治療法の開発に関する作業仮説の立案の仕方について指導する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) 特になし   [継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 自己免疫疾患の病因論に関する最新の知見の理解と実験データの解析  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 林 良夫   [継承]
授業回数 (任意): 4 [継承]
[継承]
2.(英)   (日) 老化の分子機構に関する最新の知見の理解と実験データの解析  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 林 良夫   [継承]
授業回数 (任意): 4 [継承]
[継承]
3.(英)   (日) 自己免疫疾患と性差に関する最新の知見の理解と実験データの解析  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 石丸 直澄   [継承]
授業回数 (任意): 6 [継承]
[継承]
4.(英)   (日) 総合討論  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 林 良夫   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) その都度理解度をチェック・レポート提出   [継承]
再評価 (推奨): (英)   (日) 行う.   [継承]
教科書 (推奨):
参考資料 (任意):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.林 良夫
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) e-mailによりアポイントをとって下さい.必要に応じて時間調節を行います.   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 特になし.   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2008/口腔分子病態学演習) 閲覧 【授業概要】(2009/口腔分子病態学演習)

標準的な表示

和文冊子 ● 口腔分子病態学演習 / Oral Molecular Pathology Seminar
欧文冊子 ● Oral Molecular Pathology Seminar / 口腔分子病態学演習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 1, LA = 2.02, Max(EID) = 377834, Max(EOID) = 1011139.