『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=169681)

EID=169681EID:169681, Map:0, LastModified:2008年1月26日(土) 00:40:52, Operator:[上月 康則], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[上月 康則], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 環境影響評価論 (読) かんきょうえいきょうひょうかろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義および演習 [継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.先端技術科学教育部]/環境関連技術コース②/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.上嶋 英機
肩書 (任意):
[継承]
2.中西 敬 (総合科学㈱)
肩書 (任意):
[継承]
3.上月 康則 (徳島大学.環境防災研究センター.教授/徳島大学.環境防災研究センター.センター長)
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) To understand concept of Environmental Impact Assessment and EIA law  (日) 環境影響評価の概念を理解し,開発行為などによる環境影響方法に対する専門的知識を修得し,具体的に影響を軽減しうる方法を立案できる能力を修得させる.   [継承]
概要 (必須): (英) To understand EIA, EIA law, SEA and debate ability.  (日) 環境影響評価での評価手法,法律,戦略的環境影響評価法などについて教授する.さらに,指定された課題について,発表させ,ディベートを 取り入れた授業を行う.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) EIA (日) 環境影響評価 (読) [継承]
2. (英) SEA (日) 戦略的環境影響評価 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.自然再生プロジェクトマネジメント ([2008/[徳島大学.先端技術科学教育部]/環境関連技術コース②/[博士前期課程]])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) Training-up of technical knowledge to EIA and EIA law  (日) 環境影響評価に対する専門的知識を身につけ,開発行為などの環境影響に対応しうる基本を理解させる  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Summary of EIA  (日) 環境影響評価の概要  
[継承]
2.(英) History of EIA (1)  (日) 環境影響評価の歴史(世界編)  
[継承]
3.(英) History of EIA (2)  (日) 環境影響評価の歴史(閣議アセス)  
[継承]
4.(英) History of EIA (3)  (日) 環境影響評価の歴史(法律の制定)  
[継承]
5.(英) EIA Law  (日) 環境影響評価法の概要  
[継承]
6.(英) EIA meathod (water quality)  (日) 環境影響評価の方法(水質編)  
[継承]
7.(英) EIA meathod (ecosystem)  (日) 環境影響評価の方法(生態系編)  
[継承]
8.(英) EIA meathod (aquatic ecosystem)  (日) 環境影響評価の方法(水圏生態系編)  
[継承]
9.(英) Summary of SEA  (日) 戦略的環境アセスメントの概要  
[継承]
10.(英) SEA method  (日) 戦略的環境アセスメント手法  
[継承]
11.(英) Case of EIA (Kansai Airport)  (日) 環境影響評価の事例(関空)  
[継承]
12.(英) Case of EIA (Kansai Airport)  (日) 環境影響評価の事例(神戸空港)  
[継承]
13.(英) Case of EIA (Fujimae)  (日) 環境影響評価の事例(藤前干潟)  
[継承]
14.(英) Case of SEA (Osaka Bay)  (日) 環境影響評価の事例(大阪湾)  
[継承]
15.(英) Debate about EIA  (日) 環境影響に関するディベート  
[継承]
評価 (必須): (英) Assignments Count 100%  (日) 授業時間中に課すレポート等で評価   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) To be introduced in the class  (日) 講義時に紹介   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) To be introduced in the class  (日) 講義時に紹介   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意):

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2008/環境影響評価論) 閲覧 【授業概要】(2009/環境影響評価論)

標準的な表示

和文冊子 ● 環境影響評価論 / 環境影響評価論
欧文冊子 ● 環境影響評価論 / 環境影響評価論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.75, Max(EID) = 382135, Max(EOID) = 1020778.