『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=169595)

EID=169595EID:169595, Map:[2007/超伝導工学特論], LastModified:2007年12月11日(火) 21:55:28, Operator:[三好 康夫], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Applied Superconductivity (日) 超伝導工学特論 (読) ちょうでんどうこうがくとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義形式とポートフォーリオ形式の併用 [継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.井上 廉
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) As concerned with superconducting technology of which applications are beginning, superconducting physics, superconducting materials, superconducting applications, and cryogenic engineering are lectured in order to understand synthetically the applied superconductivity.  (日) 実用化が始まりつつある超伝導技術と関連して,超伝導物性,超伝導応用,超伝導材料,及び低温工学等の周辺技術の総合的理解を深めるための講義をする.   [継承]
概要 (必須): (英) A macroscopic quantized effect; i. d. superconducting phenomenon, has many singular properties, such as complete diamagnetism, perfect zero-resistance, and fruxoid (flux quantization). Therefore in order to improve the efficiency of energy conversion and the sensitivity of measurement many superconducting applications were being progressed. On the other hand, the superconductivity appeared only at very low temperatures, which was a large obstacle to applications. However the recent great progress in cryogenic engineering and the discovery of high Tc superconductors brought the superconducting applications more easily. New practical applications were also beginning. Superconducting physics, practical superconducting materials, fabrication processes of superconducting cable, stabilization of superconducting cable, design of superconducting magnet, protection of superconducting magnet, cryogenic refrigeration engineering, cryogenic thermal insulation technology, superconducting applications, SQUID applications are lectured in technological situations in order to understand synthetically the applied superconductivity.  (日) マクロな世界に出現した量子効果である超伝導現象は,完全反磁性,電気抵抗ゼロ,或いは磁束の量子化等の特異な性質を持っており,効率向上や測定精度向上の観点から,応用研究が進められてきた.しかし,超伝導は極低温でのみ出現するので,多大な冷却費がかかり,これが超伝導応用の足枷となっていた.しかし近年,冷却技術の大幅な進歩と高温で動作する超伝導体の発見により,超伝導応用は比較的容易となり,いくつかの超伝導応用は実用段階に入り新たな超伝導応用開発が進められている.本講義では,応用の観点から見た超伝導物性,実際の超伝導材料,超伝導材料の線材化プロセス,超伝導線材の安定化,超伝導マグネット設計法,超伝導マグネット保護装置,極低温冷凍技術,極低温断熱技術,超伝導応用,SQUID応用などを,工学の立場に立って,総合的理解を深める講義を進める.   [継承]
キーワード (推奨): 1.超伝導 (superconductivity) [継承]
2. (英) Superconducting Applications (日) 超伝導応用 (読) [継承]
3. (英) Superconducting Materials (日) 超伝導材料 (読) ちょうでんどうざいりょう [継承]
4. (英) Cryogenics (日) 低温工学 (読) ていおんこうがく [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.強相関物性科学特論 ([2008/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士後期課程]]/->授業概要[2007/強相関物性科学特論])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英) Understanding of electromagnetism and material science.  (日) 電磁気学及び材料科学の理解   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) Understanding technological merit and demerit of superconducting physical properties  (日) 超伝導物性について工学的観点から利点,欠点を理解をする.  
[継承]
2.(英) Understanding physical backgraund of superconductivity and possibility of superconducting materials  (日) 超伝導特性の発現原理と材料学的可能性を理解する  
[継承]
3.(英) Understanding superconducting applications and their possibility  (日) 超伝導応用とその可能性を理解する  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Superconducting Physics I  (日) 超伝導物性(I)  
[継承]
2.(英) Superconducting physics II  (日) 超伝導物性(II)  
[継承]
3.(英) Metallurgical superconducting materials.  (日) 金属系超伝導材料  
[継承]
4.(英) Oxide and other type high Tc superconducting materials.  (日) 酸化物系·その外の高Tc超伝導体  
[継承]
5.(英) Flux jump and stabilization of superconducting cable.  (日) フラックスジャンプと超伝導線材の安定化  
[継承]
6.(英) Fabrication prosesses of superconducting metallurgical wires.  (日) 金属系超伝導体の線材化技術  
[継承]
7.(英) Fabrication processes of oxide and other type superconducting wires.  (日) 酸化物系·その外の超伝導体の線材化技術  
[継承]
8.(英) Fabrication technology of superconducting wire and supporting technology.  (日) 超伝導マグネット製造技術及び周辺技術  
[継承]
9.(英) Cryogenic refrigeration, fabrication technology of cryogen, and physical properties of cryogen  (日) 極低温技術,冷媒作製技術,冷媒物性  
[継承]
10.(英) Cryogenic Dewar, cryogenic thermal insullation, and cooling methods.  (日) 低温容器,断熱法,冷却法  
[継承]
11.(英) Superconducting applications for energy saving.  (日) 省エネルギー分野への超伝導応用  
[継承]
12.(英) Superconducting applications for medical diagnosis and for preserving enviroment.  (日) 医療診断や環境保全への超伝導応用  
[継承]
13.(英) Superconducting applications for magrev train, fusion reactor, and accelarator.  (日) 新交通手段,核融合,素粒子加速器への超伝導応用  
[継承]
14.(英) Problems of oxide superconductors for practical applications.  (日) 酸化物超伝導体の実用化への問題  
[継承]
15.(英) Applications of SQUID.  (日) SQUIDの応用  
[継承]
16.(英) Presentation by report  (日) レポート提出  
[継承]
評価 (必須): (英) Report 50%, Presentation 50%, Higher than 60% is required to pass this class  (日) レポ-ト50%,発表50%,で60%以上の成績が求められる.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) Superconducting Technology (in Japanese)  (日) 超伝導工学,電気学会編   [継承]
2.(英) Superconducting Materials (in Japanese)  (日) 超伝導材料,長村光造 著,米田出版   [継承]
3.(英) Introduction to Superconductivity, by Michael Tinkham, McGraw-Hill Inc.  (日)    [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.井上 廉
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2007/超伝導工学特論)
            →閲覧 【授業概要】(2006/超伝導工学特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2007/超伝導工学特論) 閲覧 【授業概要】(2008/超伝導工学特論) 閲覧 【授業概要】(2009/超伝導工学特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 超伝導工学特論 / Applied Superconductivity
欧文冊子 ● Applied Superconductivity / 超伝導工学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 15, LA = 4.12, Max(EID) = 388769, Max(EOID) = 1052153.