『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=169474)

EID=169474EID:169474, Map:[2007/破壊·構造力学特論], LastModified:2010年1月10日(日) 15:13:17, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Fracture and Structural Mechanics (日) 破壊·構造力学特論 (読) はかいこうぞうりきがくろくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.成行 義文
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) To understand method of matrix displacement analysis of plane framed structures which is widely used as a suitable method for computer programming.  (日) 平面骨組構造物のマトリックス変位法による解析方法を理解させ,例題の解説と演習問題によりその応用力を養う.   [継承]
概要 (必須): (英) First, method of matrix displacement analysis of plane framed structurs is explained. Next, some problems are given for exercises in analysis of them. Finally, term examination is set. This class is a seminar type using textbook written in English.  (日) 平面骨組構造物をコンピュータで解析するのに適したマトリックス変位法について解説し,演習問題を解かせて応用力を養成する. なお,教科書には,英文テキストを使用する.また,輪講形式の授業である.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) framed structure (日) 骨組構造 (読) [継承]
2. (英) matrix displacement method (日) マトリックス変位法 (読) [継承]
3. (英) plane frame (日) 平面構造 (読) [継承]
4. (英) elastic analysis (日) 弾性解析 (読) [継承]
5. (英) (日) 英文 (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.構造の力学1及び演習 ([2008/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/構造の力学1及び演習])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.構造の力学2及び演習 ([2008/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/構造の力学2及び演習])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
3.構造の力学3及び演習 ([2008/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/構造の力学3及び演習])
必要度 (任意): 0.800000 [継承]
[継承]
4.構造解析学及び演習 ([2008/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/構造解析学及び演習])
必要度 (任意): 0.800000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.建築構造特論 ([2008/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2007/建築構造特論])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
2.建設創造システム工学論文輪講 ([2008/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2007/建設創造システム工学論文輪講])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
要件 (任意): (英) Students are required to have a good understanding of undergraduate-level structure mechanics.  (日) 構造力学の知識を有すること.   [継承]
注意 (任意): (英) Students have to prepare for each lesson.  (日) 十分に予習をしておくこと.   [継承]
目標 (必須): 1.(英) To understand method of matrix displacement analysis of plane frames  (日) 平面骨組構造物のマトリックス変位法による解析方法を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Guidance/A few historical remarks(pp.1-10)  (日) ガイダンス/構造解析法の変遷(pp.1-10)  
[継承]
2.(英) Basic considerations of structural analysis 1(pp.11-16)  (日) 構造解析に関する基礎事項1(pp.11-16)  
[継承]
3.(英) Basic considerations of structural analysis 2/Determinate and indeterminate structures(pp.16-21)  (日) 構造解析に関する基礎事項2/静定構造物と不静定構造物(pp.16-21)  
[継承]
4.(英) Methods of analysis (pp.21-26)  (日) 構造解析法 (pp.21-26)  
[継承]
5.(英) Displacement method/Stiffness matrix of a bar element subjected to axial force(pp.26-33)  (日) 変位法/軸方向力を受ける棒要素の剛性行列(pp.26-33)  
[継承]
6.(英) Bar structure stiffness matrix(pp.33-39)  (日) 棒構造物の剛性行列(pp.33-39)  
[継承]
7.(英) Some properties of stiffness matrices/Stiffness matrix of a bar element subjected to torsion(pp.39-44)  (日) 剛性行列の特性/ねじりを受ける棒要素の剛性行列(pp.39-44)  
[継承]
8.(英) Stiffness matrix of a beam element (pp.44-47)  (日) はり要素の剛性行列 (pp.44-47)  
[継承]
9.(英) Assembly of the structure stiffness matrix by the direct stiffness method 1(pp.47-54)  (日) 直接剛性法による剛性行列の組立て1(pp.47-54)  
[継承]
10.(英) Assembly of the structure stiffness matrix by the direct stiffness method 2(pp.54-59)  (日) 直接剛性法による剛性行列の組立て1(pp.54-59)  
[継承]
11.(英) Symmetrical geometry(pp.59-64)  (日) 対称幾何学(pp.59-64)  
[継承]
12.(英) Further remarks on prescribed displacements(pp.64-70)  (日) 所定の変位に関する2・3の考察(pp.64-70)  
[継承]
13.(英) Problem exercises(pp.71-72)  (日) 演習問題(pp.71-72)  
[継承]
14.(英) Problem exercises(pp.72-73)  (日) 演習問題(pp.72-73)  
[継承]
15.(英) Term examination  (日) 期末試験  
[継承]
16.(英) Restoration of answer papers and comments  (日) 答案返却及び解説  
[継承]
評価 (必須): (英) Term examination and report are marked out of 60 and 40 respectively and those marks are summed up. The passing mark is 60.  (日) 期末試験の評点(40点満点)と和訳レポートの評点(60点満点)の合計が60点以上の場合を合格とする.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) Matrix and finite element displacement analysis of structures, D.J.DAWE, Clarendon press, Oxford, 1984  (日) Matrix and finite element displacement analysis of structures, D.J.DAWE, Clarendon press, Oxford, 1984   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) To be introduced in the class  (日) 授業の際に適宜紹介する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.成行 義文
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2007/破壊·構造力学特論)
            →閲覧 【授業概要】(2006/破壊·構造力学特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2007/破壊·構造力学特論) 閲覧 【授業概要】(2008/破壊·構造力学特論) 閲覧 【授業概要】(2009/破壊·構造力学特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 破壊·構造力学特論 / Advanced Fracture and Structural Mechanics
欧文冊子 ● Advanced Fracture and Structural Mechanics / 破壊·構造力学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(4)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.44, Max(EID) = 372484, Max(EOID) = 996185.