『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=169466)

EID=169466EID:169466, Map:[2007/土質力学特論], LastModified:2007年12月14日(金) 13:35:42, Operator:[三好 康夫], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Soil Mechanics (日) 土質力学特論 (読) どしつりきがくとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
2.2008/[徳島大学.先端技術科学教育部]/環境関連技術コース①/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.鈴木 壽
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) The purpose of this lecture is to learn the critical state mechanics which is formed a theoretical base of a modern soil mechanics for clay and sand.  (日) 最近の土の力学の理論的基礎を成している限界状態の土質力学を粘土·砂を対象として系統的に習得することを目的としている.   [継承]
概要 (必須): (英) The purpose of Advanced Soil Mechanics is to learn the critical state mechanics which is formed a theoretical base of a modern soil mechanics for clay and sand. Firstly, the results of typical experiments related to shear properties of a saturated clay are shown and a constituve law existing at stress-strain relationship of clays are explained. Secondally, the reltaionship is expanded to the thory of sand and the differences between clay and sand are made clear easily. The elasto-plastic theory for soil is explained using the cam clay model and its applications to numerical analysis are explained showing new research results. Finally, the critical soil mechanics is learned through this lecture.  (日) 土質力学特論では,最近の土の力学の理論的基礎を成している限界状態の土質力学を粘土·砂を対象にして系統的に修得することを目的としている.まず最初に,飽和粘土のせん断特性に関する代表的な実験結果を提示し,粘土材料の応力·ひずみに存在する構成関係を平易に講述する.また,この構成関係の砂への拡張法を説明し,粘土の場合との相違点を明確にする.さらに,土固有の弾塑性論に必要な構成方程式の導出過程を講述し,その数値解析への応用例を最近の研究成果を参考に提示する.これらを通じて現代土質力学の理論的基礎である限界状態の土質力学を体系的に修得させる.講義中心であるが,随所に演習問題を課し,理解を深める.評価は最後に実施する試験と演習問題も含めた平常点の両方で行う.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) critical soil mechanics (日) 限界状態の土質力学 (読) [継承]
2. (英) cam clay model (日) カムクレイモデル (読) [継承]
3. (英) flow rule (日) 関連流れ則 (読) [継承]
4. (英) constitutive law for soils (日) 土の構成則 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) Values of stress-strains and pore pressures for saturated soils in various states can be calculated by using critical state soil mechanics theory.  (日) 限界状態理論を用いて土の応力·ひずみ·間隙水圧などの計算ができるようにし,土の基本的な構成式であるカムクレイモデルの理解と援用ができるようにする.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) cam clay model  (日) カムクレイに学ぶ  
[継承]
2.(英) shear properties of saturated clay  (日) 飽和粘土のせん断特性  
[継承]
3.(英) existence of critical state line  (日) 限界状態線の存在  
[継承]
4.(英) Drained and Undraind tests of normally consolidated clay  (日) 正規圧密粘土の排水·非排水試験  
[継承]
5.(英) 3 dimensional expression of critical state line  (日) 限界状態線の3次元的表現  
[継承]
6.(英) existence of Roscoe Surface  (日) ロスコーサーフェイスの唯一性  
[継承]
7.(英) shape of Roscoe Surface  (日) ロスコーサーフェイスの形状  
[継承]
8.(英) behavior of overconsolidated clay  (日) 過圧密粘土の挙動  
[継承]
9.(英) yield surface of Hvorslev Surface  (日) ボシュレフサーフェイスの降伏面  
[継承]
10.(英) the 2 and 3 dimensional complete stste boundary surface  (日) 完全な限界状態面の形2次元·3次元  
[継承]
11.(英) mechanical behavior of sands  (日) 砂の力学挙動  
[継承]
12.(英) equivalent consoliated pressure  (日) 等価圧密応力  
[継承]
13.(英) elasto-plastic theory of saturated clay  (日) 飽和粘土の弾塑性論  
[継承]
14.(英) cam clay model  (日) カムクレイモデル  
[継承]
15.(英) state boundary equation for cam clay model  (日) カムクレイモデルの状態曲面方程式  
[継承]
16.(英) term-end test  (日) 期末試験  
[継承]
評価 (必須): (英) Degree of achievement for the aim is examined by the semester test and the passing mark is more than 60%.  (日) 到達目標の達成度を期末試験で評価し,評点60%以上を目標の合格条件とする.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英) Some prints are distributed in lectures.  (日) 適宜プリントを配布する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意): http://www.ce.tokushima-u.ac.jp/www/jiban/jiban.html [継承]
連絡先 (推奨): 1. (英) Suzuki(A403, 088-656-7347, suzuki@ce.tokushima-u.ac.jp) (日) 鈴木(A403, 088-656-7347, suzuki@ce.tokushima-u.ac.jp) (読)
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2007/土質力学特論)
            →閲覧 【授業概要】(2006/土質力学特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2007/土質力学特論) 閲覧 【授業概要】(2008/土質力学特論) 閲覧 【授業概要】(2009/土質力学特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 土質力学特論 / Advanced Soil Mechanics
欧文冊子 ● Advanced Soil Mechanics / 土質力学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(4) 閲覧【授業概要】…(6)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 3, LA = 0.52, Max(EID) = 363086, Max(EOID) = 971921.