『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=169392)

EID=169392EID:169392, Map:[2007/地盤力学特論], LastModified:2007年12月11日(火) 21:51:56, Operator:[三好 康夫], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Geomechanics (日) 地盤力学特論 (読) じばんりきがくとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.山上 拓男
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) The purpose of this lecture is to let the students understand the three major solution procedures for problems in geomechanics, that is Limit Equilibrium Method, Limit Analysis Method and Slip Line Method, and their applications to practical situations such as slope stability, earth pressure and bearing capacity problems.  (日) 地盤力学における安定問題の三大解法すなわち「極限平衡法」,「極限解析法」,及び「すべり線法」と,それらの応用例としての斜面安定問題,土圧問題,支持力問題の解法を理解させること.   [継承]
概要 (必須): (英) Beginning with fundamentals of effective stress analysis and total stress analysis, the lecture is given of limit equilibrium stability analysis method considering progressive failure, limit analysis method, slip line method, and their applications.  (日) 土の力学の基本となる有効応力解析,全応力解析の意味するところから始めて,進行性破壊を考慮した極限平衡法に基づく安定解析法,極限解析法,及びすべり線法とそれらの応用方法について解説する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) limit equilibrium method (日) 極限平衡法 (読) きょくげんへいこうほう [継承]
2. (英) limit analysis (日) 極限解析法 (読) きょくげんかいせきほう [継承]
3. (英) slip line method (日) すべり線法 (読) すべりせんほう [継承]
先行科目 (推奨): 1.地盤力学 ([2008/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/地盤力学])
必要度 (任意):
[継承]
2.土の力学2 ([2008/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/土の力学2])
必要度 (任意):
[継承]
3.地盤工学 ([2008/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/[2008/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2007/地盤工学])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.土質力学特論 ([2008/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/[2008/[徳島大学.先端技術科学教育部]/環境関連技術コース①/[博士前期課程]]/->授業概要[2007/土質力学特論])
関連度 (任意):
[継承]
2.基礎工学特論 ([2008/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2007/基礎工学特論])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英) Students are required to have a good knowledge of undergraduate-level soil mechanics.  (日) 学部教育における土の力学関連の十分な知識を有すること.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) To understand shear failure of soils  (日) 土のせん断破壊について理解すること  
[継承]
2.(英) To understand effective stress analysis and total stress analysis  (日) 有効応力解析,全応力解析を理解すること  
[継承]
3.(英) To understand stability analysis of slopes considering progressive failure  (日) 進行性破壊を考慮した安定解析法を理解すること  
[継承]
4.(英) To understand analysis procedure for stability problems  (日) 安定問題の解法を理解すること  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Introduction  (日) 土のせん断概説  
[継承]
2.(英) Effective stress analysis (part 1)  (日) 有効応力解析(その1)  
[継承]
3.(英) Effective stress analysis (part 2)  (日) 有効応力解析(その2)  
[継承]
4.(英) Total stress analysis  (日) 全応力解析  
[継承]
5.(英) Limit equilibrium method (part 1)  (日) 極限平衡法(その1)  
[継承]
6.(英) Limit equilibrium method (part 2)  (日) 極限平衡法(その2)  
[継承]
7.(英) Progressive failure analysis of slope stability (part 1)  (日) 進行性破壊を考慮した安定解析法(その1)  
[継承]
8.(英) Progressive failure analysis of slope stability (part 2)  (日) 進行性破壊を考慮した安定解析法(その2)  
[継承]
9.(英) Progressive failure analysis of slope stability (part 3)  (日) 進行性破壊を考慮した安定解析法(その3)  
[継承]
10.(英) Limit analysis (part 1)  (日) 極限解析法(その1)  
[継承]
11.(英) Limit analysis (part 2)  (日) 極限解析法(その2)  
[継承]
12.(英) Limit analysis (part 3)  (日) 極限解析法(その3)  
[継承]
13.(英) Slip line method (part 1)  (日) すべり線法(その1)  
[継承]
14.(英) Slip line method (part 2)  (日) すべり線法(その2)  
[継承]
15.(英) Summary  (日) 総括  
[継承]
16.(英) Semester examination  (日) 期末試験  
[継承]
評価 (必須):
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.山上 拓男
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 年度ごとに学科の掲示を参照すること.   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2007/地盤力学特論)
            →閲覧 【授業概要】(2006/地盤力学特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2007/地盤力学特論) 閲覧 【授業概要】(2008/地盤力学特論) 閲覧 【授業概要】(2009/地盤力学特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 地盤力学特論 / Advanced Geomechanics
欧文冊子 ● Advanced Geomechanics / 地盤力学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(4)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 3, LA = 1.50, Max(EID) = 372539, Max(EOID) = 996388.