『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=169349)

EID=169349EID:169349, Map:[2007/基礎工学特論], LastModified:2007年12月11日(火) 21:51:19, Operator:[三好 康夫], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Foundation Engineering (日) 基礎工学特論 (読) きそこうがくとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.望月 秋利
肩書 (任意):
[継承]
2.上野 勝利 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 4 [継承]
目的 (必須): (英) The purpose of this lecture is to understand the method to analyze failure and deformation of soil structures. In this lecture, deformation and failure characteristics of soil and their modeling methods are explained first. In particular, shear testing apparatus, shear deformation and strength characteristics, are explained in detail. Then computer implementation of the model for deformation and failure characteristics of soil is explained in detail. Topics of this lecture are as follows: 1. Shear testing apparatus and test methods, 2. Basic shear deformation characterisics of soil and its application, 3. Introduction to finite element method, 4. Failure criteria and elast-plastic model of soil.  (日) 本講義では基礎構造物の変形·破壊問題を解く方法について理解することを目的とする.まず,土の基本的な性質である土のせん断試験方法,せん断変形·強度特性ならびにそのモデル化について理解する.そしてそのモデル化した土の性質を有限要素法に取り入れる方法について理解し,具体的な解析を行うことができる能力を身に着けることを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英) Purpose of this lecture is to let the students understand how to solve deformation and failure problems of foundation structures. Beginning with shear testing, the lecture is given shear deformation and strength characteristics of soil and their modeling for numerical methods, implementation of the numerical models into finite element method. Keywords are: 1 shear testing apparatus and methods, 2 Basic shear characteristics of soil and its application, 3 Foundamentals of finite element method, 4 failure criteria and elast-plastic constitutive model of soil.  (日) 本講義では基礎構造物の変形·破壊問題を解く方法について理解する事を目的とする.まず,土の基本的な性質である土のせん断試験方法,せん断変形·強度特性ならびにそのモデル化について講述する(望月·上野).つぎにモデル化した土の性質を有限要素法に取り入れる方法について講述する(上野·望月). 本科目は,工業に関する科目である.1.土のせん断試験機と試験方法 2.土の基本せん断特性とその応用 3.有限要素法の基礎 4.破壊規準と土の弾塑性モデル   [継承]
キーワード (推奨): 1.有限要素法 (finite element method/->キーワード[有限要素解析]) [継承]
2. (英) elast-plastic constitutive equation (日) 弾塑性構成式 (読) だんそせいこうせいしき [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英) nothing  (日) 特になし   [継承]
注意 (任意): (英) This class will be  (日) 180分の連続した講義時間で実施する.   [継承]
目標 (必須): 1.(英) To understand fundamentals of soil characteristics and its testing method  (日) 土の基本的な性質である土のせん断試験方法,せん断変形·強度特性ならびにそのモデル化について理解すること.  
[継承]
2.(英) Modeling mechanical characteristics and installing to FEM, and analysis deformation and failure phenomenon of foundation stractures  (日) モデル化した土の性質を有限要素法に取り入れ,基礎構造物の変形·破壊問題を解く方法について理解すること.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Shear test apparatus and method (Direct shear test) 1  (日) 土のせん断試験機と試験方法(一面せん断試験機) 1  
[継承]
2.(英) Shear test apparatus and method (Direct shear test) 2  (日) 土のせん断試験機と試験方法(一面せん断試験機) 2  
[継承]
3.(英) Shear test apparatus and method (conventional and true triaxial compression test) 1  (日) 土のせん断試験機と試験方法(三軸圧縮試験機,真の三軸圧縮試験機) 1  
[継承]
4.(英) Shear test apparatus and method (conventional and true triaxial compression test) 2  (日) 土のせん断試験機と試験方法(三軸圧縮試験機,真の三軸圧縮試験機) 2  
[継承]
5.(英) Fundamentals of shear defomation characteristica of soil 1  (日) 土の基本せん断特性について 1  
[継承]
6.(英) Fundamentals of shear defomation characteristica of soil 2  (日) 土の基本せん断特性について 2  
[継承]
7.(英) Failure criteria 1  (日) 土の破壊規準について 1  
[継承]
8.(英) Failure criteria 2  (日) 土の破壊規準について 2  
[継承]
9.(英) Stress-strain relationships of soil 1  (日) 土の応力ひずみ関係 1  
[継承]
10.(英) Stress-strain relationships of soil 2  (日) 土の応力ひずみ関係 2  
[継承]
11.(英) Modeling of stress-strain relationship of soil 1  (日) 土の応力ひずみ関係のモデル化 1  
[継承]
12.(英) Modeling of stress-strain relationship of soil 2  (日) 土の応力ひずみ関係のモデル化 2  
[継承]
13.(英) Constitutive equation of soil and its application 1  (日) 土の構成モデルとその応用 1  
[継承]
14.(英) Constitutive equation of soil and its application 2  (日) 土の構成モデルとその応用 2  
[継承]
15.(英) Basic of FEM and its programming 1  (日) 有限要素法とそのプログラミングの基礎 1  
[継承]
16.(英) Basic of FEM and its programming 2  (日) 有限要素法とそのプログラミングの基礎 2  
[継承]
17.(英) Features of geotechnical FEM 1  (日) 地盤問題を解析するための有限要素法の特徴 1  
[継承]
18.(英) Features of geotechnical FEM 2  (日) 地盤問題を解析するための有限要素法の特徴 2  
[継承]
19.(英) Imprementation of constitutive model of soil 1  (日) 土の構成モデルの導入方法について 1  
[継承]
20.(英) Imprementation of constitutive model of soil 2  (日) 土の構成モデルの導入方法について 2  
[継承]
21.(英) Introduce of failure criteria 1  (日) 破壊規準の導入方法について 1  
[継承]
22.(英) Introduce of failure criteria 2  (日) 破壊規準の導入方法について 2  
[継承]
23.(英) Introduce of stress dependency 1  (日) 土の応力依存性の導入方法について 1  
[継承]
24.(英) Introduce of stress dependency 2  (日) 土の応力依存性の導入方法について 2  
[継承]
25.(英) boundary condition  (日) 境界条件について  
[継承]
26.(英) Loading of initial stress  (日) 初期応力の付与について  
[継承]
27.(英) Examples of analysis 1  (日) 解析例 1  
[継承]
28.(英) Examples of analysis 2  (日) 解析例 2  
[継承]
29.(英) exercises in analysis 1  (日) 解析演習 1  
[継承]
30.(英) exercises in analysis 2  (日) 解析演習 2  
[継承]
31.(英) exercises in analysis 3  (日) 解析演習 3  
[継承]
32.(英) report on object 2  (日) 到達目標2に対するレポート  
[継承]
評価 (必須):
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 別途指示する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 別途指示する.   [継承]
URL (任意): http://kiso.ce.tokushima-u.ac.jp/~ueno/index.html [継承]
連絡先 (推奨): 1.望月 秋利
オフィスアワー (任意):
[継承]
2.上野 勝利 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2007/基礎工学特論)
            →閲覧 【授業概要】(2006/基礎工学特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2007/基礎工学特論) 閲覧 【授業概要】(2008/基礎工学特論) 閲覧 【授業概要】(2009/基礎工学特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 基礎工学特論 / Advanced Foundation Engineering
欧文冊子 ● Advanced Foundation Engineering / 基礎工学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(3) 閲覧【担当授業】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 3, LA = 1.50, Max(EID) = 372539, Max(EOID) = 996392.