『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=169337)

EID=169337EID:169337, Map:[2008/環境リスク論], LastModified:2008年1月25日(金) 15:09:54, Operator:[三好 康夫], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[エコシステム工学専攻]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Principle of Environmental Risk (日) 環境リスク特論 (読) かんきょうりすくとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義および演習 [継承]
コース (必須): 1.2008/[エコシステム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
2.2008/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.山中 亮一 ([徳島大学.環境防災研究センター.危機管理研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
肩書 (任意):
[継承]
2.上月 康則 (徳島大学.環境防災研究センター.教授)
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) To understand knowledge concerning the Environmental Risk and to develop abilities to solve problems regarding risk communication.  (日) 環境リスクについて理解し,リスクコミュニケーションに関わる問題解決能力を修得する.   [継承]
概要 (必須): (英) To explain the definition and kinds of environment risk, risk evaluation and risk management. To develop a ability for risk communication  (日) 環境リスクの定義,環境リスクの種類,リスク評価,リスク管理について解説する.また,代表的な事例に関するディベートを通じ,リスクコミュニケーション能力の養成を行う.本科目は,工学に関する科目である.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) environmental risk (日) 環境リスク (読) かんきょうりすく [継承]
2. (英) risk communication (日) リスクコミュニケーション (読) リスクコミュニケーション [継承]
先行科目 (推奨): 1.環境システム工学特論 ([2008/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士前期課程]]/[2008/[環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士前期課程]]/[2008/[エコシステム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2007/環境システム工学特論])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.ミティゲーション工学 ([2008/[エコシステム工学コース]/[博士前期課程]]/[2008/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2007/ミティゲーション工学])
関連度 (任意):
[継承]
2.環境生態学特論 ([2008/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/[2008/[エコシステム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2007/環境生態学特論])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) To be able to examine technique to mitigate and prevent the environmental risk  (日) 社会や自然に及ぼす影響や効果を防ぐ,修復する技術について考えることができる  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Guidance and purpose of this lecture  (日) ガイダンス  
[継承]
2.(英) Introduction of the environmental risk  (日) 環境リスクとは  
[継承]
3.(英) Ecological risk(1):Introduction  (日) 生態リスク(1): 生態系の現状  
[継承]
4.(英) Ecological risk(2):Ecological risk assessment  (日) 生態リスク(2): 生態リスクの評価方法  
[継承]
5.(英) Ecological risk(3): Examples  (日) 生態リスク(3): 事例紹介  
[継承]
6.(英) Ecological risk(4): debate  (日) 生態リスク(4): リスクコミュニケーション  
[継承]
7.(英) Environmental risks of chemicals(1):Introduction  (日) 化学物質の環境リスク(1):現状  
[継承]
8.(英) Environmental risks of chemicals(2):Examples  (日) 化学物質の環境リスク(2): 事例紹介  
[継承]
9.(英) Environmental risks of chemicals(3): debate  (日) 化学物質の環境リスク(3): リスクコミュニケーション  
[継承]
10.(英) Law and economics for the environmental risk management  (日) 環境リスクと法制度,経済  
[継承]
11.(英) Discussion about the environmental risk communication(1): Examples  (日) 環境リスクを考える(1):さまざまな環境リスク  
[継承]
12.(英) Discussion about the environmental risk communication(2): debate  (日) 環境リスクを考える(2):リスクコミュニケーション  
[継承]
13.(英) examination  (日) 定期テスト  
[継承]
14.(英) The environmental risk in the future(1)  (日) テスト返却,これからの環境リスク(1)  
[継承]
15.(英) Meeting for the results of trials regarding pro-environmental behavior  (日) 環境家計簿報告会  
[継承]
16.(英) The environmental risk in the future(2)  (日) これからの環境リスク(2):最新事例紹介  
[継承]
評価 (必須): (英) Evaluate learning results by reports, debates and examination  (日) 授業時間中に課すレポート(出席レポート,環境家計簿),ディベート,定期試験により評価する   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英) environment engineering, pp.81-86  (日) 新版 環境工学(理工図書,住友ら) pp.81-86   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) To be introduced in the class  (日) 授業中に紹介する   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.山中 亮一 ([徳島大学.環境防災研究センター.危機管理研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
オフィスアワー (任意): (英) Tuesday 14:35-17:50  (日) 火曜 14:35-17:50   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 特になし   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/環境リスク論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/環境リスク論) 閲覧 【授業概要】(2008/環境リスク特論)   閲覧 【授業概要】(2009/環境リスク特論)
閲覧 【授業概要】(2009/環境リスク論)
閲覧 【授業概要】(2008/環境リスク論)

標準的な表示

和文冊子 ● 環境リスク特論 / Principle of Environmental Risk
欧文冊子 ● Principle of Environmental Risk / 環境リスク特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 4, LA = 0.50, Max(EID) = 372540, Max(EOID) = 996393.