『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=168847)

EID=168847EID:168847, Map:[2007/パターン認識], LastModified:2007年12月11日(火) 21:24:01, Operator:[三好 康夫], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Pattern Recognition (日) パターン認識 (読) ぱたーんにんしき
[継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.工学部.光応用工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.仁木 登
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) パターン認識の手法および実用例を示しながらシステム設計を習得する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) マシンに認識機構を付けてインテリジェント化することが求められている. このためにパターンを処理·認識する基本的な処理技術を対象にしている. また,インテリジェントなマシンの設計にはセンサー系も大きく依存する. そこで,システム全体を見渡してシステム設計をする必要がある. 本講義では,計測技術,特徴抽出,分類などに関する基礎的な理論,学問的にまた実用的に評価の高い画像認識システムを紹介しながらシステム的な考え方についてのべる.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) パターン認識の手法を理解する.  
[継承]
2.(英)   (日) 画像認識システム設計法を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 画像認識の概要  
[継承]
2.(英)   (日) 画像の変換,フィルタリング  
[継承]
3.(英)   (日) 2値画像の技法  
[継承]
4.(英)   (日) 濃淡画像解析の技法  
[継承]
5.(英)   (日) 特徴抽出  
[継承]
6.(英)   (日) 特徴量の正規化·選択,KL展開  
[継承]
7.(英)   (日) 最小距離分類  
[継承]
8.(英)   (日) ベイズの識別規則  
[継承]
9.(英)   (日) クラスタリング  
[継承]
10.(英)   (日) DPマッチング  
[継承]
11.(英)   (日) ヒドンマルコフモデル  
[継承]
12.(英)   (日) 構文解析的パターン認識  
[継承]
13.(英)   (日) パターン記述,文法生成,応用例  
[継承]
14.(英)   (日) ニューラルネットワーク,バックプロパゲィション  
[継承]
15.(英)   (日) 画像認識システム  
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 定期試験(80%),レポート及び講義への取り組み状況(20%)として評価し,全体で60%以上を合格とする.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) JABEE合格は単位合格と同一とする.   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) B   [継承]
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) コンピュータ画像処理,田村秀行,オーム社   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) パターン識別,尾上守夫監訳,新技術コミュニケーションズ   [継承]
2.(英)   (日) 画像認識論,長尾真著,コロナ社   [継承]
3.(英)   (日) Learning Mchines, N.J.Nilsson, Morgan Kaufmann Publishers Inc.   [継承]
4.(英)   (日) Statistical Pattern Recognition, K.Fukunaga,Academic Press,Inc.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 試験は知識の確認だけでなくパターン認識システムの設計問題を出し,興味ある答案を期待している.また,信号処理,画像処理,計算機システム,計算機の実験·実習を履修しておく必要がある.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2007/パターン認識)
            →閲覧 【授業概要】(2006/パターン認識)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2007/パターン認識) 閲覧 【授業概要】(2008/パターン認識) 閲覧 【授業概要】(2009/パターン認識)

標準的な表示

和文冊子 ● パターン認識 / Pattern Recognition
欧文冊子 ● Pattern Recognition / パターン認識

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(6)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 7, LA = 0.54, Max(EID) = 377323, Max(EOID) = 1010251.