『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=168818)

EID=168818EID:168818, Map:[2007/電磁気学], LastModified:2008年1月17日(木) 14:20:19, Operator:[道廣 嘉隆], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.工学基礎教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Electricity and Magnetism (日) 電磁気学 (読) でんじきがく
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.金城 辰夫
肩書 (任意): 非常勤講師 ([教職員.教員]/[非常勤]) [継承]
[継承]
2.道廣 嘉隆
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 力学と並ぶ古典物理学の柱である電磁気学を平易に講義し,身のまわりの電気的·磁気的現象や材料物性を理解する上での基礎を解説する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 静電場·静磁場より始めて,マクスウェル方程式に到る過程を解説し,電磁波の簡単な例を述べる.   [継承]
キーワード (推奨): 1.電場 (electric field) [継承]
2.磁場 (magnetic field) [継承]
3.電磁誘導 (electromagnetic induction) [継承]
4.マクスウェルの方程式 (Maxwell's equations) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 静電場·静磁場の理解  
[継承]
2.(英)   (日) 電流と直流・交流回路の理解  
[継承]
3.(英)   (日) 電磁誘導の法則の理解  
[継承]
4.(英)   (日) 電磁波の理解  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) クーロンの法則と静電場  
[継承]
2.(英)   (日) ガウスの法則  
[継承]
3.(英)   (日) 静電位  
[継承]
4.(英)   (日) 容量とコンデンサーの接続  
[継承]
5.(英)   (日) 誘電体  
[継承]
6.(英)   (日) 電流  
[継承]
7.(英)   (日) 抵抗とオームの法則  
[継承]
8.(英)   (日) 直流回路  
[継承]
9.(英)   (日) 静磁場  
[継承]
10.(英)   (日) ビオ・サヴァールの法則  
[継承]
11.(英)   (日) アンペールの法則  
[継承]
12.(英)   (日) ファラデーの電磁誘導の法則  
[継承]
13.(英)   (日) インダクタンス  
[継承]
14.(英)   (日) 交流回路  
[継承]
15.(英)   (日) マクスウェルの方程式と電磁波  
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 定期試験70 %,平常点(出席状況等)30 % として評価し,総合で 60 % 以上を合格とする.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) 定期試験70 %,平常点(出席状況等)30 % として評価し,総合で 60 % 以上を合格とする.   [継承]
JABEE関連 (任意):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) Raymond A. Serway 著 松村博之 訳 「科学者と技術者のための物理学III 電磁気学」 学術図書   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 砂川重信 著 「電磁気学-初めて学ぶ人のために」 培風館   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.金城 辰夫
オフィスアワー (任意):
[継承]
2.道廣 嘉隆
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 基本関数の微分・積分およびベクトル解析の基礎事項を修得していることが望ましい. 本講義と併せて「電磁気学演習」を履修することが必要である.   [継承]
2.(英)   (日) [平常点]と[期末試験の成績]の割合は3:7とする.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2007/電磁気学)
            →閲覧 【授業概要】(2006/電磁気学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2007/電磁気学) 閲覧 【授業概要】(2008/電磁気学) 閲覧 【授業概要】(2009/電磁気学)

標準的な表示

和文冊子 ● 電磁気学 / Electricity and Magnetism
欧文冊子 ● Electricity and Magnetism / 電磁気学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(6)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.79, Max(EID) = 383294, Max(EOID) = 1024468.