『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=168610)

EID=168610EID:168610, Map:[2007/高電圧工学], LastModified:2008年1月18日(金) 08:25:08, Operator:[下村 直行], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) High Voltage Engineering (日) 高電圧工学 (読) こうでんあつこうがく
[継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.下村 直行 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 電力分野にとどまらず,幅広い分野で不可欠な高電圧工学の基礎的知識を修得する.高電圧技術の利用·応用を学ぶ.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 高電圧や大電流の現象は,低電圧·小電流の現象からは類推できないような場合が多く,電圧や電流の増加によって非線形に変化する現象を取り扱うところに,この科目の意義がある.電力需要の増加だけでなくさまざまな応用分野で高電圧工学に対する要求が高まっており,高電圧大電流の発生,計測を述べる.応用についてはパルスパワー技術を中心に最近の高電圧·大電流応用等も紹介したい.   [継承]
キーワード (推奨): 1.高電圧 (high voltage) [継承]
2.大電流 (large current) [継承]
3. (英) (日) 電力機器 (読) [継承]
4.パルスパワー (pulsed power) [継承]
先行科目 (推奨): 1.電気磁気学1·演習 ([2008/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/電気磁気学1·演習])
必要度 (任意): 0.700000 [継承]
[継承]
2.電気磁気学2·演習 ([2008/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/電気磁気学2·演習])
必要度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
3.電気回路1·演習 ([2008/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/電気回路1·演習])
必要度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英)   (日) 特に定めないが,電気回路,電気磁気学を始めとするさまざまな科目の知識を必要とする.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 講義時間には毎回演習を行い,成績評価の対象とするので予習·復習は欠かさず行うこと.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 高電圧·大電流現象の基礎現象を理解する.  
[継承]
2.(英)   (日) 高電圧·大電流の発生方法を理解する.  
[継承]
3.(英)   (日) 高電圧·大電流の計測方法,試験法を理解する.  
[継承]
4.(英)   (日) 高電圧パルスパワー,その他高電圧·大電流の利用応用を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 高電圧工学の意義と学び方  
[継承]
2.(英)   (日) 高電圧·大電流に関連する物理現象  
[継承]
3.(英)   (日) 放電現象と絶縁物の特性  
[継承]
4.(英)   (日) 高電圧の発生方法  
[継承]
5.(英)   (日) 大電流の発生方法  
[継承]
6.(英)   (日) 高電圧の測定  
[継承]
7.(英)   (日) 大電流の測定  
[継承]
8.(英)   (日) 中間試験  
[継承]
9.(英)   (日) 静電界とその計算  
[継承]
10.(英)   (日) 高電圧機器  
[継承]
11.(英)   (日) 高電圧応用(パルスパワーの基礎)  
[継承]
12.(英)   (日) 高電圧応用(パルスパワーの発生·計測)  
[継承]
13.(英)   (日) 高電圧応用(パルスパワー応用)  
[継承]
14.(英)   (日) 高電圧応用(光源等)  
[継承]
15.(英)   (日) 高電圧応用(電気集じん器等)  
[継承]
16.(英)   (日) 期末試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 到達目標が達成されているかを試験80%(中間試験40%,期末試験40%),平常点(ミニテスト,レポート等)20%で評価し,全体で60%以上で合格とする.   [継承]
JABEE合格 (任意):
JABEE関連 (任意): (英)   (日) (D)専門基礎30%,(E)専門分野(電気エネルギー)70%   [継承]
対象学生 (任意): 他学科学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 秋山秀典編著「高電圧パルスパワー工学」オーム社   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 宅間薫·柳父悟著「電気学会大学講座 高電圧大電流工学」電気学会   [継承]
2.(英)   (日) 原雅則·秋山秀典著「高電圧パルスパワー工学」森北出版   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.下村 直行 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英) .  (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2007/高電圧工学)
            →閲覧 【授業概要】(2006/高電圧工学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2007/高電圧工学) 閲覧 【授業概要】(2008/高電圧工学) 閲覧 【授業概要】(2009/高電圧工学)

標準的な表示

和文冊子 ● 高電圧工学 / High Voltage Engineering
欧文冊子 ● High Voltage Engineering / 高電圧工学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(6) 閲覧【担当授業】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.58, Max(EID) = 361955, Max(EOID) = 968466.