『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=168202)

EID=168202EID:168202, Map:0, LastModified:2011年4月6日(水) 21:49:07, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) modeling theory (日) モデリング理論 (読) モデリングりろん
[継承]
形態 (不用): 1.講義および演習 [継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース]/[学士課程] [継承]
2.2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.マルチメディアコース.マルチ情報サブコース]/[学士課程] [継承]
3.2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.マルチメディアコース.アート情報サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.大橋 守
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 数理モデル化とシミュレーション   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) この講義では自然現象や社会現象などの様々な現象を分析するために用いる数理モデルやシミュレーションモデルの作り方とその活用法に重点を置いて講義する.現象を数理的に定式化する代表的な数理モデルの例を示し,コンピュータを活用したデータ解析,シミュレーション,および,図表やグラフ等の視覚化について取り扱う.   [継承]
キーワード (推奨): 1.数理モデル (mathematical model) [継承]
2.シミュレーション (simulation) [継承]
先行科目 (推奨): 1.情報社会と情報倫理 ([2008/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース]/[学士課程]])
必要度 (任意): 0.200000 [継承]
[継承]
2.数学基礎I ([2008/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース]/[学士課程]])
必要度 (任意): 0.200000 [継承]
[継承]
3.数学基礎II ([2008/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース]/[学士課程]])
必要度 (任意): 0.200000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.マルチメディア演習 ([2008/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース]/[学士課程]])
関連度 (任意): 0.200000 [継承]
[継承]
2.プログラミング演習 ([2008/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.情報科学サブコース]/[学士課程]])
関連度 (任意): 0.200000 [継承]
[継承]
3.応用数学特論 ([2008/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.数理·情報コース.数理科学サブコース]/[学士課程]])
関連度 (任意): 0.200000 [継承]
[継承]
注意 (任意): (英)   (日) 特にない.ただし,線形代数学と微積分の初等的知識を使う.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) (1)簡単な数理モデルおよびシミュレーションモデルが作成できる.  
[継承]
2.(英)   (日) (2)基本的なモデルの解析とグラフ等の視覚化ができる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 0. イントロダクション, 「わかる」とは  
[継承]
2.(英)   (日) 1. モデル化の基礎  
[継承]
3.(英)   (日) 2.モデルの特性 2.1 モデルの種類  
[継承]
4.(英)   (日) 乱数を用いた簡単な例(演習·レポート1)  
[継承]
5.(英)   (日) 2.2 モデル化の目的 ,2.3 モデルの評価  
[継承]
6.(英)   (日) 2.4 モデルの特性  
[継承]
7.(英)   (日) 物理現象の解析(演習·レポート2)  
[継承]
8.(英)   (日) 3.シミュレーションの基礎 3.1 シミュレーションの目的  
[継承]
9.(英)   (日) 3.2 シミュレーションの分類  
[継承]
10.(英)   (日) 3.3 シミュレーションの手順,3.4 プログラム  
[継承]
11.(英)   (日) 微分方程式,差分方程式(演習·レポート3)  
[継承]
12.(英)   (日) 4.システムのモデル化 4.1 システム分析  
[継承]
13.(英)   (日) 4.2 要素のモデル化  
[継承]
14.(英)   (日) 4.3 非数値的な要素·関連分析,4.4 数値的分析法  
[継承]
15.(英)   (日) まとめ  
[継承]
16.(英)   (日) 期末試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) レポートと期末試験で評価する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) あり.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書:教科書は使用せず,適宜資料を配布する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.大橋 守
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 月曜日 11:55 - 12:50   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2008/モデリング理論) 閲覧 【授業概要】(2009/モデリング理論)

標準的な表示

和文冊子 ● モデリング理論 / modeling theory
欧文冊子 ● modeling theory / モデリング理論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(6) 閲覧【授業概要】…(4)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.49, Max(EID) = 384030, Max(EOID) = 1027346.