『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=167991)

EID=167991EID:167991, Map:0, LastModified:2011年4月8日(金) 18:53:11, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 民俗学研究II (読) みんぞくがくけんきゅう
[継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程] [継承]
2.2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程] [継承]
3.2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域情報サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.髙橋 晋一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
2.濱千代 早由美 (皇學館大学)
肩書 (任意): 非常勤講師 ([教職員.教員]/[非常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 日本の宗教都市の一例として伊勢をとりあげ,具体的事例をふまえつつ検討する.本年度は,伊勢神宮の第62回式年遷宮に際しての「第二次お木曳き行事」が行われる予定になっているため,最新の調査データも紹介する予定である.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 宗教都市・伊勢における都市民俗   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 都市 (読) とし [継承]
2. (英) (日) 民俗 (読) みんぞく [継承]
3. (英) (日) 伊勢信仰 (読) いせしんこう [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.民俗学研究I ([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.マルチメディアコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域情報サブコース]/[学士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
2.文化人類学研究I ([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.マルチメディアコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
3.文化人類学研究II ([2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.マルチメディアコース]/[学士課程]]/[2008/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
注意 (任意): (英)   (日) 受講者の興味には出来るだけ応えたいので,疑問点,不明な点については積極的に質問してほしい.なお,民俗学研究I(概説·本年度開講)と民俗学研究II(特論·来年度開講予定)は,隔年で交互に開講される.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 伊勢の事例を手がかりとして,宗教都市の構造をとらえることができる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) はじめに  
[継承]
2.(英)   (日) 伊勢を知る基本用語  
[継承]
3.(英)   (日) 伊勢と阿波  
[継承]
4.(英)   (日) <伊勢>とは何か1 鳥居前町としての伊勢  
[継承]
5.(英)   (日) <伊勢>とは何か2 「聖地」の成立とメディア  
[継承]
6.(英)   (日) <伊勢>とは何か3 参宮街道の迎えた近代  
[継承]
7.(英)   (日) 伊勢信仰の生活環境論1  
[継承]
8.(英)   (日) 伊勢信仰の生活環境論2  
[継承]
9.(英)   (日) 神都と「穢れ」  
[継承]
10.(英)   (日) 伊勢のまつりの持続と創造1 伊勢神宮式年遷宮  
[継承]
11.(英)   (日) 伊勢のまつりの持続と創造2 新しい祭り  
[継承]
12.(英)   (日) 宗教都市における生成と伝承 新しい信仰のかたち  
[継承]
13.(英)   (日) 参宮メディアと伊勢信仰の展開1 伊勢音頭の展開と里帰り  
[継承]
14.(英)   (日) 参宮メディアと伊勢信仰の展開2 遥拝所の展開  
[継承]
15.(英)   (日) まとめ  
[継承]
16.(英)   (日) 試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義への取り組み状況,講義中に随時行う小レポート,講義終了時の筆記試験の総合評価とする.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) なし   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書は使用しない.必要に応じて参考資料を配布する.参考書については,講義の中で随時紹介する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.濱千代 早由美 (皇學館大学)
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 集中講義期間中に指示する.   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 隔年開講(本年度開講せず)   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2008/民俗学研究II) 閲覧 【授業概要】(2009/民俗学研究II)

標準的な表示

和文冊子 ● 民俗学研究II / 民俗学研究II
欧文冊子 ● 民俗学研究II / 民俗学研究II

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(6) 閲覧【授業概要】…(6)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.98, Max(EID) = 377802, Max(EOID) = 1011002.